「第67回NHK紅白歌合戦」リハーサルが行われた渋谷・NHKホール

写真拡大

12月31日(土)に生放送される「第67回NHK紅白歌合戦」(NHK総合)のリハーサル(2日目)が、会場となる東京・渋谷のNHKホールで12月29日に行われ、今回で出場8回目の嵐が会見に出席した。

【写真を見る】嵐は初の“大トリ”で登場!/(C)NHK

メンバーの相葉雅紀が初単独司会、そしてグループとしては今回初めて大トリを務める嵐は、“初”づくしの紅白で「嵐×紅白スペシャルメドレー」を披露する。

ここでは、司会&大トリというダブル大役を務める相葉の会見での様子をレポート!

相葉は黒のニットに、黒のパンツというラフな格好で登場。

すさまじいほどのフラッシュを浴びる紅白恒例のフォトセッションを終え、相葉は「1時間前にも(司会者取材で)囲み取材でこれやったから慣れた。ずっと目を開けてたもん(笑)」とメンバーとの合流で冗談が飛ばせるほどリラックスした様子。

二宮和也は「さすが!」と“相葉ジョーク”に乗っかるなど、和やかなムードで取材会が進んだ。

また、司会を務めることのコメントは発表されていたが、加えて大トリを務めることになった心境を問われると「司会というだけで、緊張感がず〜っとあるんですけど、『自分たちの歌が終わったらちょっと楽になるかな、ちょっと早めに歌いたいな』という思いが心の中にあったので、想定外のことにビックリしちゃいました」と苦笑い。

「(嵐の)歌のことも頭にありながら、進行のこともありながらなので、緊張感が倍です」と率直な気持ちを吐露した。

現在、嵐はドームツアー中。そのコンサートの中で、メンバーの「やってみたら?」という助言もあり、曲紹介の練習を積み重ねてきたという。

「僕ら勝手に『白組最後の曲です』とやらせてもらっていました(笑)」と、鍛錬の日々をを振り返ってみたが、本番が終わるまで相葉の緊張は続きそうだ。

本人の不安をよそに、メンバーは相葉の大舞台に心配はなさそうで、松本潤は「(要所で)締めるところは締めると思いますよ。有村(架純)さんを引っ張っていくと思っているんですけど…」と言うと、相葉は「いや、有村さんを頼っています(笑)」と恐縮していた。

ことし、嵐は「アリーナツアーやドームツアーなど一緒にいる時間が多かった結果、グループでスイーツにハマっている」(松本)そうで、この日行われた司会者と出場歌手による面談に参加している相葉らに差し入れあったという。

相葉は「ワッフルを嵐4人から差し入れいただいて。スタッフも喜んでましたよ! しかも、フォークと皿を使わずに取って食べられるので、そこまでの気遣いって女子力高いですよね!」とメンバーを絶賛。

「女子力高い」というワードに、差し入れをした4人は爆笑。高めた女子力を武器に(?)、相葉は本番の大舞台へ臨む。