囲み取材を受けた大竹しのぶ、初紅白に挑む!

写真拡大

12月31日(土)にNHK総合にて生放送される「第67回NHK紅白歌合戦」のリハーサル(2日目)が、会場となる東京・渋谷のNHKホールで12月29日に行われ、初めての出場となる大竹しのぶがリハールを行い、囲み取材に応じた。

【写真を見る】リハーサルでは堂々としたパフォーマンスを披露。本番も期待!

大竹が披露するのはエディット・ピアフの名曲「愛の讃歌」。これまで舞台で大竹が幾度となく主演してきた演目「ピアフ」の中に登場する一曲だ。リハーサルでは大輪の花の映像をバックに、朗々と歌い上げてみせた。

囲み取材で、初出場の感想を聞かれた大竹は「とうとう来たなという感じです。出演が決まったときは、私自身も驚きましたが、周りの反響がすごかったです。発表になったときに、LINEやメールが69件も入っていました。友達やそんなに連絡取っていない人からも…」と明かす。

ただ、元夫の明石家さんまからの連絡ついては「入っていないです(笑)」と笑って否定した。

初めての紅白の舞台での歌唱については「うまく歌えるかどうか心配で不安です」と謙虚な様子。

どんな気持ちで歌いたいかと聞かれると「(劇中で歌唱する)ピアフの気持ちというものを素直に伝えられればいいなと思います。この歌を歌う時は自分の愛する人が亡くなったときで、芝居とリンクする部分がある曲です。

それでも強く生きていかなければならないという思いで歌う歌です。役として歌うのか、自分として歌うのか分からなくなるときも…」と思いを込めて語った。

さらに、来年はどんな年にしたいか聞かれ「来年は還暦なんです。変わらず楽しく生きていきたいと思います」と優しい笑みを浮かべた。