ステージで「海の歌〜みんなの海の声バージョン」を披露する桐谷健太

写真拡大

12月31日(土)にNHK総合にて生放送される「第67回NHK紅白歌合戦」のリハーサル(2日目)が、会場となる東京・渋谷のNHKホールで12月29日に行われ、初出場の桐谷健太が会見に出席した。

【写真を見る】紅白で松田翔太、濱田岳との共演が実現するかも!?

リハーサルを終えた桐谷は、「今回は全国の人たちと歌うという企画で、宮城と奄美大島に行かせていただいて、全国のみなさんと歌い、 “みんなの歌”になったというのを実感しました。リハーサルでしたが、グッときちゃいました」とコメント。

桐谷が紅白で歌う「海の歌」は、もともとauのCMから生まれた曲だが、「最初はCMプランナーの方が僕のCDを聞いて下さって、僕が三線を弾けるのを知っていたので、『浜辺で歌ってほしい』と言われたのが始まりです。最初はCMで流れるだけでもうれしかったのですが、どんどん広がっていって、震災に遭われた方などたくさんの方々から“救われた”という手紙をいただいたりすると、『一人一人の歌になったんだな』という気がしました。この歌によって音楽番組にも出させていただいたし、いろんな人や景色との出会いもあったので感謝しています」と歌に対する思いを語った。

報道陣から「CMの共演者(松田翔太、濱田岳)のサプライズ共演はあるか?」と聞かれると、「僕自身にもサプライズだったら、それは分かりません。スタッフさんから僕へののサプライズはあるかもしれませんね(笑)。二人は今月の撮影の時に、『おめでとう』と言ってくれました。二人と一緒にやってきた“三太郎”のCMで歌が広がっていき、彼らが居なければこのようなこともなかったと思いますので、感謝しています」と語り、本番当日、松田と濱田がサプライズで登場することに含みを持たせた。

また、司会者でありCMにかぐや姫役として出演する有村架純について、「架純ちゃんもテンション上がって、マイク持って歌い出すかもしれませんね(笑)」と笑いを誘い、会場を後にした。