キャスト&ED主題歌が決まった「亜人ちゃんは語りたい」 (C)ペトス・講談社/「亜人ちゃんは語りたい」製作委員会

写真拡大

 「ヤングマガジンサード」(講談社刊)で連載中の漫画をアニメ化する「亜人(デミ)ちゃんは語りたい」のメインキャスト5人が発表され、本渡楓、篠田みなみらが出演することが明らかになった。

 同作は、神話や伝承などで語り継がれる「亜人(デミ)」と呼ばれる特殊な体質を持った人々が、一般の人間と共存する世界を舞台とした学園コメディ。亜人に興味を抱く生物教師の高橋鉄男(CV:諏訪部順一)が、その体質から、それぞれに一般の人々とは異なる苦労や悩みを抱えた亜人たちとともに繰り広げる日常を描く。

 今回発表されたキャストのうち4人は、それぞれ亜人の少女たちを演じる。明るくいたずら好きなヴァンパイアの小鳥遊ひかり役を「かみさまみならい ヒミツのここたま」の本渡、高橋に好意を抱くデュラハンの町京子役を「ふらいんぐうぃっち」の篠田が演じるほか、今作のオープニング主題歌「オリジナル。」を歌う「TrySail」のメンバーでもある夏川椎菜が、人付き合いにトラウマを持つ雪女の日下部雪役、「ハイスクールD×D」の日笠陽子が奥手なサキュバスの数学教師・佐藤早紀絵役を担当する。また、ひかりの双子の妹だが普通の人間の小鳥遊ひまり役には「競女!!!!!!!!」のLynnが配されている。

 さらに、同作のエンディング主題歌「フェアリーテイル」を、「キズナイーバー」のエンディング主題歌を手がけたクリエイタープロジェクト「三月のパンタシア」が担当することも決定した。CDは2017年2月1日発売予定で、表題曲のミュージックビデオDVDが付属する初回生産限定盤と、「亜人ちゃんは語りたい」ノンクレジットエンディングを収録したDVDが付き、キャラクターデザインを担当した川上哲也による描き下ろしアニメジャケット・デジパック仕様の期間生産限定盤が各1500円。CDのみの通常盤は1100円(税抜き)。

 そのほか、放送スケジュールも公開された。17年1月7日から、TOKYO MX、MBS、BS11、群馬テレビ、とちぎテレビでスタートする。初回は本編第1話に、メインキャストが出演するスペシャルパートを加えた、1時間のお正月特番として放送される。