食品は体内にいれるものだからと賞味期限をしっかり確認している人は多いと思いますが、コスメはどうでしょうか? すぐに不都合は起こらないかもしれませんが、使用期限切れの劣化したコスメを使い続けていて、肌にいいわけはありません。



今回は、デパートの美容部員さんに聞いた「コスメの捨て時」を紹介します。

コスメの使用期限ってどのくらい?


基本的に、開けた瞬間からどんどん劣化していくコスメ。PAO(Period After Opening)という開封後の使用期限が書かれたものは、そちらを参照にしましょう。

だいたいファンデーションが3年、口紅・リップペンシル・リップグロスが2年、美容液や化粧水などの基礎化粧品が1年、マスカラやアイライナーは6カ月くらいが目安と言われています。オーガニックやナチュラルコスメ、水分が多めのものは菌が繁殖しやすいので、使用期限が早めに設定されています。

コスメの劣化を防ぐコツ


直射日光が当たらない場所に保管したり、使用前に手やつける部位をきれいにしたりしておくことで、多少の劣化は防げるそう。しかし、使用期限の記載があるものは、その期限を守った方がいいそうです。

使用期限がわからない場合は使用感をチェック!


また、パッケージの劣化などで使用期限が分からなくなってしまった場合は、以下のように使用感を目安にする方法もあります。

ファンデーションの場合


においが変わってきたリ、表面が皮脂により固まってきたら捨て時です。リキッドタイプのファンデーションは、沈殿物があったり分離しているかで判断することが可能です。

口紅・リップペンシル・リップグロスの場合


唾液や食べ物により劣化が早いです。伸びが悪くなってきたリ、ネバネバベトベト感が出てきたリ、古い油のにおいがしたら捨て時です。また、グロスは分離しているかでも見極めることができます。

美容液・化粧水などの基礎化粧の場合


においが変わってきたリ、使用感が変わってきたら捨て時です。肌に最初に触れるものなので、とくに注意しましょう。

マスカラ・アイライナーの場合


粘膜や涙にブラシ部分が触れるので劣化が早いアイテム。液が固まってきたら古くなっている証拠です。


意外と早いコスメの使用期限。でも、せっかくキレイを作るためのアイテムで、肌へダメージを与えていたら悲しいですよね。なので、使用期限はしっかりと守りましょう。

とは言っても、なかなか使い切らずに使用期限を迎えてしまったコスメはどうしたらいいのでしょうか? 使えないのは分かっているけど、捨てるのはもったいない。そんなときは、別の方法で活用してあげることをおすすめします。

使用期限を過ぎたコスメの活用法!


たとえば、ローションは穀物の粉や黒砂糖と混ぜれば“スクラブ”に大変身! スクラブであれば角質をとったあとは洗い流すので、肌へのダメージもありません。

古くなった香水は、エタノールを多めに混ぜることでディフューザーに早変わりします。他にも、クリームを革磨きとして使ったり、口紅を銀磨きとして使ったりする方法もあります。すぐに捨てずに、他に活用出来ないか調べてみるのもいいでしょう。

これから年末に向けて大掃除をする人も多いと思いますが、普段当たり前のように使っているコスメ類もぜひ大掃除の対象にしてあげてくださいね!
(大原絵理香)