旅行で日本を訪れる中国人が増加しているが、なかには「できることなら、このまま日本で暮らしたい」と願う中国人もいるようだ。日本と中国は隣国同士だが、社会や政治の仕組みなど、異なる点も多いのは事実であり、中国人が「日本で暮らしたい」と思うのはどのような理由からなのだろうか。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 旅行で日本を訪れる中国人が増加しているが、なかには「できることなら、このまま日本で暮らしたい」と願う中国人もいるようだ。日本と中国は隣国同士だが、社会や政治の仕組みなど、異なる点も多いのは事実であり、中国人が「日本で暮らしたい」と思うのはどのような理由からなのだろうか。

 中国メディアの暢学網はこのほど、日本を訪れたことのある中国人の多くが「日本を好きになってしまう」と伝えつつ、その結果として「日本で暮らしたいと考える中国人が近年増えている」などと伝え、その理由について考察している。

 記事はまず、日本の生活環境および自然環境の良さを挙げ、「日本のゴミ分別は世界でもっとも厳しい水準」だとしながらも、日本の街中ではゴミが散乱している様子を見かけることはなく、快適に暮らすことができると紹介。また、中国では大気汚染をはじめ、さまざまな環境汚染が深刻化しているが、日本ではこうした環境問題を案じる必要がないことを伝えた。

 また、日本人が「親切」であることも「日本を好きになってしまい、日本で暮らしたい」と思ってしまう理由の1つだと紹介。中国では抗日ドラマなどの影響か、日本人は冷酷だという印象を抱いている人は少なくないが、実際の日本人は他人に迷惑をかけたがらない一方で、道を尋ねれば目的地まで連れて行ってくれるなど他人に対しては親切であると伝え、こうしたギャップが中国人を感激させていることを紹介した。

 さらに記事は、日本の治安の良さや社会的秩序の高さも魅力だとしたほか、おいしいものがたくさんある「美食の天国」である点や医療水準が高く、健康な暮らしが維持できる点も「日本に住みたい」と思わせる要因であると伝えた。中国人が日本に住みたいと考えるというのは、それは日本の魅力の高さを示すといえる。だが、近年は日本で働いていた中国人研修生が失踪したり、クルーズ船で日本入国後に行方をくらます中国人も増えているという。こうした非合法な形で日本に住み着くのは遠慮願いたいところだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)