まわりが運命の相手を見つけ結婚していくなか、いまだにシングルでピンとくる相手と長らく交際に至っていないなんて状況に陥っているあなた。もしかするとあなたは間違った人を追いかけているのかも? 今回はそんな、あなたの恋愛対象を変えるべきサインをご紹介します。

シングル期間がかなり長く続いている

独り身の期間がかなり長く続いているというあなた。それはあなたが自分に合わないタイプの人を追いかけている証拠なのです。好きになってデートするたびに、「あ、こいつクソだな……」と思うことが続いていませんか? それこそまさにあなたが恋愛対象を見直すサインですよ。

恋の終わりがいつも同じパターン

デートを始めた時点でいつもだいたい終わりが見えているなんてことはありませんか? ケンカ別れになるなとか、こいつはフェードアウトするタイプだなとか。そういう形で恋愛が終わることが続いている場合、あなたのことをもっと尊重してくれるタイプの人を探したほうがいいでしょう。

友だちからも恋愛対象を変えたほうがいいといつも言われている

友人たちがあなたの恋愛遍歴を知っていて、そんな友人たちがあなたに完全に合わないタイプにばかり恋をしていると思っているようなら、そのアドバイスは間違っていないはず。

恋人ができてもいつも心が不安定

恋人がいるとき、いつも自分が誰かを演じているような気分になり、恋人によく思われたいがために一生懸命になっている自分がいる。恋人を感心させたいという気持ちは誰だってあるもので、そんなあなたに対して彼の方も努力しているようならいいのですが、あなたに対して当然のような態度をとっているようなら、ずっとあなたの努力は報われないものにしかならないのです。

「愛されている!」という気持ちがどんなものだったか思い出せない

普通の恋愛をしていると「彼から愛されてるなあ」と感じることも多いものですが、まったくそう感じることもなく、むしろそれ自体がどんな気持ちだったか思い出せないという場合、間違いなく恋をする相手を間違っています。愛されるよりも愛することの方が性に合っているなんて思ってませんか? 人に愛を与えられる人は愛される権利もあるのです。

あなた自身が求めているものを相手に伝えたことがない

「連絡をまめにしてほしい」とか「こんなところにデートにいきたい」とか、そういったことを伝えることがわがままになると考え、彼に伝えることができないなんて状況に陥っていませんか? しかも好きになる男性もあなたのそういった要望をたずねるわけでもなく、自分の好きなことだけを押し通すタイプだったり……。恋愛ってお互いのことを喜ばせることが楽しいものなのですよ。