2大国内ブランドの特徴を比較! ミキモト&TASAKIのジャパニーズクオリティ

写真拡大

結婚指輪や婚約指輪などの大事なジュエリーを購入する際、日本人ならぜひ知っておきたいのが、国内2大プレミアムジュエラー『ミキモト』と『TASAKI』。その“ジャパニーズクオリティ”は世界中でも高く評価され、多くのセレブからも愛されています。そこで今回は、知る人ぞ知る国内2大メゾンの特徴と魅力について紹介します。

ミキモト、TASAKI、それぞれの歴史

まずはこの国内2大ジュエラーがどのように生まれ、発展していったのか、その背景を追っていきます。

世界で初めて真珠の養殖に成功したミキモト

「世界中の女性を真珠で飾りたい」。そう強く願っていたミキモトの創業者 御木本幸吉は、1893年7月11日、志摩国鳥羽の相島(おじま、現:ミキモト真珠島)で世界初の半円真珠の養殖に成功しました。その12年後の1905年には、真円真珠の養殖にも成功。黒蝶真珠や白蝶真珠の養殖にも取り組み、真珠養殖のパイオニアとしてその地位を確立してきました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ミキモト真珠島

世界初の真珠の養殖に成功してから6年後の1899年には、日本で初めての真珠専門店「御木本真珠店」を銀座に開設。その73年後となる1972年には社名を株式会社ミキモトへ変更し、ダイヤモンドや色石などの貴石商品も拡充していきます。

その確かな質と技術は世界でも高く評価され、今ではニューヨーク五番街、パリ・ヴァンドーム広場、ロンドン・ニューボンドストリートなどにも路面店を出店。世界一流の宝石店として名を連ねています。

日本で唯一「サイトホルダー」の資格を持つTASAKI

▼動画:タサキのパールストーリー

https://youtu.be/9-DmKtueDfo

1954年、ファッションの街神戸で田崎俊作により「田崎真珠」として創業されたのがTASAKIの始まりです。戦後の自由貿易が広まる中、輸出品として供給不足に陥った真珠産業を発展させるため田崎真珠は力を注いできました。

1970年には絶滅寸前となっていたマベ真珠の養殖に世界で初めて成功。以降、素材の養殖、素材の仕入れ、加工からデザイン、仕上げ、販売まで一貫して手がけているジュエラーは、日本では唯一TASAKIだけとなっています。

▼動画:タサキのダイヤモンドストーリー

https://www.youtube.com/watch?v=TDSm6lKeiMs

1994年には、世界最大手のダイヤモンド原石供給元デビアスグループから直接原石を取引できる名誉ある資格「サイトホルダー」を取得。この「サイトホルダー」の称号を持つ企業は世界でも82社未満しかなく、日本ではTASAKIが唯一の取得企業となっています。

創業以来、ジュエリーへの情熱を注ぎ続けて発展してきた田崎真珠は、半世紀を経た2009年2月、社名をTASAKIへ変更して新たなブランド戦略を開始。米国のファーストレディー、ミシェル・オバマ夫人からも一目置かれている新鋭デザイナー、タクーン・パニクガルをクリエイティブディレクターとして招き、ジュエリーのさらなる美しさを追求し続けています。

世界でも注目されているそれぞれのジャパニーズクオリティ
続いては、それぞれのブランドの特徴について見ていきましょう。

セックス・アンド・ザ・シティの主人公キャリーも愛した「ミキモト」

「ミキモトパール」の名は今や世界に知れ渡り、女性のファッションアイコンであるセックス・アンド・ザ・シティの主人公キャリーが着用するネックレスとしても登場しています。

Sparkle Factor #2: Mikimoto jewelry has standards of excellence. One of the many ways we perfect the #art of fine #pearl jewelry making is by controlling our production from start to finish, using only the finest quality materials. For example, each Mikimoto piece is set in 18K white, yellow, or pink gold. Which gold do you prefer you #mikimoto pearls set in? Learn more about our standards of excellence: http://www.mikimotoamerica.com/pearl-guide/pearl-basics #TheSparkleFactor Mikimotoさん(@official_mikimoto)が投稿した写真 - 2016 3月 4 9:02午前 PST

また「ミキモト銀座2丁目本店」は多くの海外観光客が日本旅行の目的地の一つとして立ち寄るほどで、その確かな“ジャパニーズクオリティ”は世界中で愛されています。

固定概念を打ち破り、斬新なデザインでジュエリーの輝きを追求する「TASAKI」

M/G TASAKI CUBIC PEARL #TASAKI #MGTASAKI #MelanieGeorgacopoulos #pearl #ring TASAKIさん(@tasaki_intl)が投稿した写真 - 2016 6月 21 7:28午後 PDT

「異なる二つのものの融合」を常に考えているとコメントしているクリエイティブディレクター、タクーン・パニクガル。パールを大胆にカットしたり、他の素材同士を組み合わせるなどして、固定概念を打ち破りつつも美を追求したデザインとなっています。

TASAKI balance luxe #TASAKI #balance #pearl #ring #Thakoon TASAKIさん(@tasaki_intl)が投稿した写真 - 2016 10月 11 11:49午後 PDT

このように、常に最高峰の品質、技術、デザインでジェエリーの美しさを追求し続けるのが「TASAKI」ならではで、そのモダンなデザインの数々は多くの人々を魅了しています。

「ミキモト」、「TASAKI」それぞれのブライダルコレクション
最後に、それぞれのブランドがプロデュースしているブライダルコレクションについてご紹介。どちらも結婚指輪、婚約指輪の他に花嫁を魅力的に彩るブライダルジュエリーのライナップも豊富に揃っています。

「ミキモト」のブライダルコレクション
Feather Tiara (since 1915) Feather Tiara is reproduced in 2007 which based on the "Pearl" Catalogue which published in 1915. This enchanting Tiara is characterized by the elegant design and represented the dawn of Japan’s modern jewelry culture. Date: Oct 22- 30, 2016 Venue: G/F, MIKIIMOTO 1881 Heritage Shop (Salisbury Road Entrance) #mikimoto_hk #mikimoto Mikimotoさん(@official_mikimoto)が投稿した写真 - 2016 10月 24 8:20午後 PDT

ダイヤモンドの輝きを際立たせることを大事にデザインされたミキモトのエンゲージリングは、シンプルな中にも洗練さを求める人におすすめです。また、日本人の指のバランスを考慮し、着け心地まで意識されているというマリッジリングはまさに日本ブランドならではのクオリティ。結婚指輪の下見に行く際には、デザインを楽しむ他に、その着けた感じまでぜひ味わってみてください。

またレンタルティアラや花嫁を上品に彩るパールジュエリーも豊富。主張しすぎず上質な仕上がりを求める花嫁にぴったりのコレクションです。

「TASAKI」のブライダルコレクション
TASAKIブライダルコレクションのトップラインである「ベルブーケ」は、クリエイティブディレクター、タクーン・パニクガルによって生み出された華やかでモダンなデザインが豊富です。人とは少し変わったクリエイティブなアイテムを探しているなら、TASAKIでお気に入りを見つけることができるかもしれません。

「ベルブーケ」ラインの他に、ダイヤモンドの美しさを生かしたシンプルなデザインの婚約指輪や結婚指輪ももちろん揃っています。

TASAKI BRIDAL BRILLANTE Full Eternity #TASAKI #BRIDAL #TASAKIBridal #diamond #wedding #ring #MasterOfDiamonds #sightholder #BRILLANTE TASAKIさん(@tasaki_intl)が投稿した写真 - 2016 10月 30 11:18午後 PDT

まとめ:シンプルな存在感が際立つ「ミキモト」、ジュエリーの美を追求する「TASAKI」
日本が世界に誇るプレミアムジュエラー「ミキモト」と「TASAKI」。その確かなクオリティ、技術、デザインで世界的な地位を確立し、それぞれが独自のテイストでジュエリー業界を牽引し続けています。日本人として、ぜひひとつのアイテムは手に入れたいナショナルブランド。結婚指輪や婚約指輪といった一生モノのアイテム購入に、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。