人食い植物オードリーIIが再び歌い出す! 写真提供:アマナイメージズ

写真拡大

 カルト的な人気を誇る「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」のリメイクが決定。DCコミックス原作の一連のテレビシリーズ「ARROW アロー」「THE FLASH フラッシュ」「SUPERGIRL スーパーガール」などで企画・制作総指揮を務めるグレッグ・バーランティがメガホンをとる。

 花屋で働く冴えない青年シーモアと、人間の血肉を糧に成長する食人植物の愛憎を描いたホラーコメディ。“B級映画の帝王”ロジャー・コーマン監督が2日間で撮りあげたという1960年のオリジナル映画は、後にオフブロードウェイ・ミュージカルとなり、86年に再度フランク・オズ監督のメガホンで映画化された。

 米Deadlineによれば、米ワーナー・ブラザースが手がけるリメイク版もミュージカルになるという。マシュー・ロビンソン(「ウソから始まる恋と仕事の成功術」)が脚本を執筆し、現在賞レースをにぎわせているミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」のマーク・プラットが製作を務める。