勝負の日はもうすぐ!! バレンタイン告白を成功させる秘訣

写真拡大

絶対成功させたい、バレンタインの告白!
どんなチョコを渡せば良いのかわからない、どういう風に告白するのが良いのか教えてほしい、という方、必見です!

これさえ押さえておけば、バレンタインの告白の成功率がグンと上がる事間違いなしの、とっておきの秘訣を教えます。

●バレンタインまでのすごし方

告白の成功率を上げるために、好きな相手にアピールして距離を縮めましょう。
職場の同僚など、毎日相手と顔を合わせる場合、こんなアピール方法があります。

●(1)目を見て笑顔で挨拶する

その日の第一印象は、挨拶で決まります。
好きな相手には特別、笑顔で相手の目を見て挨拶しましょう。

これだけでも毎日続けていれば、相手に良い印象を与える事が出来て、告白に有利になります。

●(2)積極的に話しかける

機会を見つけて、普段から相手に積極的に話しかけましょう。
好きな相手に意識してもらうためには、自分の存在をアピールすることが大事です。

また、相手が興味がある話題について話す事によって、「私はあなたに興味がある、好意を抱いている」とアピールする事が出来ますよ。

●やりすぎはNG

毎日メールを何通も一方的に送ったり、必要以上に話しかけすぎるのは、かえって相手を引かせてしまう可能性があるのでNG。
他の人よりも少し話す機会が多いな、ぐらいがちょうど良いでしょう。

メールは一日一通、短めの文章で送るのがベター。
返信が来てやりとりが続きそうなら、そのまま続けましょう。

●本命に喜んでもらえるチョコレートって?

女性の告白にぴったりな、相手に喜ばれる本命チョコは、いったいどういう物が良いでしょうか?

●(1)高級感のあるチョコレート

『ぶっちゃけこの年になると、高級なチョコレートが嬉しいです!(笑)普段自分では買わないし、「選ばれしもの」って感じがする(笑)』(29歳/総合職)

本命チョコにおすすめなのは、高級感のあるチョコレート。
百貨店などで探してみましょう。

サイズは小さめのもので、一人で食べきれるぐらいのサイズを選びましょう。
おしゃれで高級感のあるパッケージと、おいしいチョコレートで本命感を出して、好きな相手にアピールする事が出来ます。

●手作りチョコはNG?

『手作りチョコはちょっと重たいかも。付き合ってからだったら手作りチョコが欲しいですが、告白の段階は購入されたもののほうが嬉しいです』(33歳/人事)

手作りチョコは、出来れば止めておいた方が良いでしょう。
相手にもよりますが、他人の手作りのものを食べられない人も多いです。

ましてや家族や恋人ではない人が作ったものは、たとえ好意を持っている相手でも少し引いてしまう可能性も。
告白する相手には、ここはひとまず既製品を選ぶのが無難でしょう。

●バレンタイン当日の告白は?

いよいよバレンタイン当日、成功率の上がる告白の仕方をご紹介します。

●放課後、仕事後に渡すのがベスト!

『昼間もらうのは「義理」のイメージ。夜ごはんにさそわれたりして、そこで渡されるとか理想!』(21歳/大学生)

チョコを渡して告白するときのタイミングは大事です。
正しタイミングで告白の成功率を上げましょう。
好きな相手が他の人にチョコをもらっていても、最後のタイミングまでガマンして、じっと待ちましょう。

昼間に渡すチョコレートは、たいていのものが義理チョコです。

もらう相手も、昼間に渡されるより夕方や夜の時間に渡される方が、ドキドキ感が増します。
他のライバルとの差をつけるためにも、一番最後のタイミングを見計らって告白しましょう。

●2人きりになれる所で告白しましょう

『公開告白みたいなことをされたことがあるんですが、どうしたらいいのかわからず……。告白は2人っきりのところでやってほしいです(笑)』(27歳/プログラマー)

告白するときは、必ず2人きりになれる場所を選びましょう。
邪魔されたり、他の人に見られていると、せっかくの告白が台無しになってしまいます。

●自分の気持ちをストレートに伝えましょう

『自分は鈍感なので、ハッキリ言ってもらわないとよくわからない。告白されたのかされてないのか分からない感じになるとちょっと困ります』(28歳/サービス業)

いよいよチョコを渡して告白するとき、一番緊張する瞬間です。
告白を成功させる一番の秘訣は、好きな相手に自分の気持ちをストレートに伝える事です。

あいまいな表現は避けて、あなたが相手に対して思っていることを、ストレートに素直に伝えましょう。

----------

バレンタインは女性が告白するための絶好のチャンス!!
本命の相手にぴったりのチョコと、告白に最適なシチュエーションを選んで、あなたの告白の成功率を上げましょう。

(文/恋愛jp編集部)