KARA ギュリ、12/25日本でランチ&ディナーショー開催“来年はもっと皆さんと楽しい時間を過ごしたいです”

写真拡大 (全2枚)

約1年ぶりにKARAのギュリが日本で元気な姿を見せた。

25日、ディズニーリゾート内の「シェラトングランド・トーキョーベイ・ホテル」の大広間で行われたクリスマスショー「1st Happy Gyurismas Party! 」。昼夜2部のディナーショー形式で行われた公演で計8曲を披露。ファンとの交流も楽しんだ。

【PHOTO】KARA ギュリ、日本クリスマスショー「1st Happy Gyurismas Party!」開催

MCから「永遠の女神の登場です!」と紹介されステージに現れたギュリ。メディアで報じられていた通り、少しほっそりとした様子で、白のカットソー、赤と緑のチェックのミニスカート、黒いヒールいで立ち。「KARAのギュリです」と切り出した。

円卓状のテーブルで食事を楽しんでいたファンは、全員が韓国語で大きく「ようこそ」、日本語で小さく「おかえりなさい」とプリントされた紙を掲げ、彼女を迎えた。

これを目にしたギュリは嬉しそうな面持ちで挨拶。「一年ぶりに皆様の前に立てて嬉しいです。久しぶりの日本語なので、間違っても理解して下さいね」。2016年は「どうやって別れるか」など映画2編に出演したことなど近況報告を行った。

続くコーナーでは、自身のInstagramの写真紹介を通じ、プライベートでの様子を語った。フィリピンでのボランティアやクレイ(粘土)アートの作品について紹介。いっぽうで、この先やってみたいこととしては「車の免許を取りたい」。これを、ギュリのおっちょこちょいな性格をよく知るファンが聞くや「危ない!」との声が。続くMCからの質問で「日本での運転はどうでしょう。韓国ではハンドルと車線が逆ですが」と聞かれた際には、少し恥ずかしそうな様子だった。「あ……日本ではタクシーや地下鉄に乗ることにします……」大人っぽさのなかの、かわいらしさ。彼女らしい魅力を感じさせる一幕だった。

「ギュリがファンの願いを叶える」というコーナーでは、「KARAのハニーを歌って」とのリクエストに応じた。ファンに対して「韓国語でもいいですか?」と聞き「振り付けも一緒にやってください」と呼びかける。サビ部分の「ナー マー ネー ハーニー ハーニー ハーニー トラソヤ ハーニー」の一節をアカペラで歌い、会場の一体感をつくっていた。

各コーナー間に「GLAMOROUS SKY」(中島美香)「WHITE LOVE」(SPEED) を歌い、ステージの最後には「CHE.R.RY」(YUI)、そしてアンコールでは「KISS して」(柴崎コウ) の計4曲を披露した。来年は「個人ファンクラブの結成ファンミーティングで日本に来る」との宣言も。最後の挨拶では、「私も、またみなさんと楽しい時間を過ごせるように頑張ります」と締めくくり、”ギュリスマス”は幕を閉じた。

撮影:野原誠治 / ライター:吉崎エイジーニョ

■公演概要
「1st HAPPY CRISTMASPARTY WITH “PARK GYURI”」
開催日:2016年12月25日(日)
会場:シェラトングランデトーキョーベイホテル
時間:【昼公演】11:00開場 12:00開演【夜公演】17:00開場 18:00開演

主催:(株)KAMONJAPAN (株)Motion media