あの時、ドアを開けていたら…
 - (c) LES FILMS DU FLEUVE - ARCHIPEL 35 - SAVAGE FILM - FRANCE 2 CINEMA - VOO et Be tv - RTBF (Television belge)

写真拡大

 カンヌ国際映画祭の常連であるジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ兄弟が手掛けたサスペンス映画『午後8時の訪問者』の予告編が公開され、診療時間外だからとドアを開けなかったことで、そのちょっとした判断がもたらした残酷な現実を突きつけられることになる若き女性医師の姿が明らかになった。

 診療受付時間を過ぎた午後8時に鳴ったドアベルに医師ジェニーが応じなかったその翌日、近所で身元不明の少女の遺体が発見される。診療所の監視カメラにはその少女が助けを求める姿が映っていた……。

 今回公開された予告編では、自分がドアを開けなかったせいで少女が死んだのではないかという思いに苛まれるジェニーの悲痛な姿が明らかに。彼女が身元すらわからない少女の死の真相を探るうちに、危険に巻き込まれていくさまがスリリングに映し出される。主演は、『スザンヌ』などでセザール賞にも輝いた若き実力派アデル・エネル。ジェレミー・レニエ、オリヴィエ・グルメらダルデンヌ兄弟作品の常連たちが脇を固めている。(編集部・市川遥)

映画『午後8時の訪問者』は2017年4月8日よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開