郷ひろみは土屋太鳳と共演

写真拡大

12月31日(土)にNHK総合にて生放送される「第67回NHK紅白歌合戦」のリハーサル(2日目)が、会場となる東京・渋谷のNHKホールで12月29日に行われ、郷ひろみが会見に登場した。

【写真を見る】郷のバックで華麗なダンスを披露する土屋

今回、郷が歌を披露する舞台は、バックダンサーに土屋太鳳が登場し、ラブストーリーをほうふつとさせる演出を見せる。歌う郷のバックで華麗に踊る土屋は、時に見詰め合い、お互いの意思疎通をするストーリーを展開。最後には、郷と土屋が熱い抱擁を交わすという演出になっている。

郷は、土屋との共演について「みんなからうらやましがられました(笑)。実は演出が細かく決まっているので、動きに集中しなければいけません。コラボなので、ぼくがミスするわけにはいかないですよね」と冗談まじりにコメントした。

今回の演出について、「今回の曲『言えないよ』の歌詞の世界観で振り付けの方が表現してくれています。同じ『言えないよ』でもぼくと土屋さんの設定は好きなんだけど言えない、最後のシーンは現実なのか仮想の世界なのか、どちらかの世界で2人の思いが実を結んだということを表現しています」とコメント。

記者からの「2人の『禁断の愛』を表現しているのでは?」という質問に郷は、「年齢的に禁断じゃないでしょうか(笑)。ぼくは彼女がいくつか知らないのですけど」と逆に質問を。そして土屋が「21歳」と聞くと、郷は驚きの表情を見せた。最後に、「見た方が判断していただければいいと思います。皆さんがその世界に入っていけるようなものにしたいですね」と落ち着いてアピールした。