活動を再開したセレーナ・ゴメス (c)Imagecollect.

写真拡大

女優・歌手のセレーナ・ゴメスが、メキシコ人歌手のパウリナ・ルビオとコラボすることが分かった。

セレーナは今年8月に全身性エリテマトーデスとも言われている自己免疫疾患のループスの不安、パニック発作、うつの副作用のため、活動休止を発表。セレーナはその後リハビリ施設で治療を行い、ソーシャルメディアの更新もストップしていた。今月15日にソングライターのジャスティン・トランターが、レコーディングスタジオにいるセレーナの写真をアップしたことで、セレーナが音楽活動を再開したと伝えられた。

そして、45歳のパウリナが来年リリースする新アルバムでセレーナとコラボすると「Vanidades」誌に明かした。パウリナは「私の新アルバムはチームか家族のもう1人のメンバーって感じなの。真の戦士で、すべてのジャンルからで、バンドからポップで、DJスネイクとセレーナ・ゴメスとのコラボがあるわ。重要な要素はキープするようにするの。ダンスに適したミュージックっていうね」と語ったとゴシップ誌「ピープル」は伝えている。

セレーナはファッションブランドCOACH[コーチ]で自身のラインをデザインし、広告塔も務めることになったと今月発表されたばかり。2017年も大活躍の年となりそうだ。