「ボイス」SUPER JUNIOR イェソン、撮影現場写真を公開…多様な“表情演技”に注目

写真拡大

「ボイス」でSUPER JUNIORのイェソンが“脳セク男」(脳がセクシーな男)”IT隊員で本格的な演技の挑戦に出た。

イェソンは2017年1月14日にオンエアするOCN新オリジナルドラマ「ボイス」(脚本:マ・ジンウォン、演出:キム・ホンソン) で“112通報センターゴールデンタイムチーム”の末っ子隊員オ・ヒョンホ役で出演する。劇中、米国ハッキングオリンピックで1位を占める程、天才的なハッキングの実力を持つ者で“ゴールデンタイムチーム”になくてはならない人物だ。オ・ヒョンホは甘いルックスと無邪気な笑顔で笑うが、パソコンの前では自由自在に天才的な実力を発揮するカッコいい“脳セク男”隊員。実は、ソンウン市の有力者3代の一人息子で帰国子女であり、数万人のフォロワーを誇るInstagram(写真共有SNS) のスターだ。112申告センター長カン・グォンジュ(イ・ハナ) の洞察力でチームに合流した後、チームのブレインの役割を正確にやり遂げる。

これに関連し、イェソンは警察の制服を着てパソコンの前で“IT隊員”の姿が公開された。イェソンは京畿道(キョンギド) 高陽(コヤン) 市一山(イルサン) にある「ボイス」のセット場で行われた今回の撮影で、可愛い容貌のバックに隠された“真のパソコンの実力者”で、正義感のある警察の姿を惜しみなく見せた。

特にこの日イェソンは、いたずらっぽく笑って見せながらも事件が入ってくる瞬間からは例の鋭い目つきを輝かせ、センター長カン・グォンジュの指示に従う姿を見せたり、何か計算するような真剣で冷徹な表情演技を見せ期待を高めた。

イェソンは誰よりも真剣に熾烈に台本の研究をして、自身のキャラクターを完璧に把握したという評価を受けた。制作スタッフ側は「イェソンの深みあるキャラクターの研究で監督も驚いていた」とし「俳優として足場を固めたほかにも、初めての撮影ですでにチームのムードメーカーとしての役割もやり遂げた」と話した。

イェソンは撮影を終えた後「全てのことが新しかったです。一人で報告して無線で話す場面が多くて難しかったです」とし「学んでいる段階なので、楽しく撮影できるよう頑張ります」と感想を述べた。

「ボイス」は犯罪現場のゴールデンタイムを守る112通報センター隊員の熾烈な記録を収める捜査ドラマだ。愛する家族を不慮の事故で亡くした凶悪犯係の刑事ム・ジニョク(チャン・ヒョク) と112通報センターの隊員カン・グォンジュ(イ・ハナ) が犯罪率1位にコールバック率全国最低というソンウン支庁「112通報センターゴールデンタイムチーム」に勤務しながら、自身の家族を殺した連続殺人犯を追い、事件を解決していく過程を描く。「カムバック マドンナ〜私は伝説だ」のマ・ジンウォン作家とOCN「牧民心書 〜実学者チョン・ヤギョンの生涯〜」、tvN「ライアーゲーム」「交渉人〜テロ対策特捜班」等を演出したキム・ホンソンプロデューサーが力を合わせた。「ボイス」は、2017年1月14日の午後10時に韓国で初放送される。