BIGBANGのSOL「BIGBANGは家族以上の存在、僕たちはお互い頼って愛し合っている」

写真拡大 (全2枚)

デビュー10周年を迎えたBIGBANGのSOLがメンバーへの思いを綴ったインタビュー記事を公開した。

SOLは29日、Instagram(写真共有SNS) に英文のインタビュー記事をキャプチャーした写真を投稿した。写真には「SOLにとってBIGBANGのメンバーはどんな意味を持つか」という質問が含まれていた。

これに対し、SOLは「僕たちは10年間一緒にいた。それぞれメンバーらと送った時間は皆異なるが、4人のメンバーとは10年以上の知り合いだ。メンバーたちと共に僕の人生の半分以上を送った」と話した。

続けて彼は「僕の家族より長い時間をメンバーたちと一緒に過ごしたのでBIGBANGのメンバーは僕にとって家族以上だ。僕たちは非常に近い関係でお互いに頼って愛し合っている」と付け加えた。

それから「メンバーのない僕の人生は想像できない」とし、「BIGBANGは僕にとって本当に大切な友達で一生の同僚であるためできるだけ永遠に一緒に活動することを毎晩祈る」と切実な思いを込め、文章を締めくくった。

2007年にデビューしたBIGBANGは今年でデビュー10周年を迎えた。13日、8年ぶりに3rdフルアルバムを発売し、「FXXK IT」で各音楽配信チャートで1位を総なめにしている。

こうした中、SOLがメンバーらに送るインタビューがファンを微笑ましい気分にさせている。デビュー前からYG ENTERTAINMENTで苦楽を共にし、兄弟や家族のように成長したメンバーへの愛情がにじみ出ていたためだ。

ここにSOLは一緒に撮った写真にハートを入れ、ファンをより嬉しくさせた。不仲説もなく、10年間韓国国内外でトップの座をキープし、ロングランするBIGBANG。彼らがうまくいく理由がここにあった。