その優しさは優しくない!?女にとって「本当に優しい男」とは?

写真拡大

女性の皆様、「優しい男性」は好きですか?

優しい男性が嫌いという女性はあまりいないですよね。

でも「優しさだけがとりえです」というような男性って、なぜだかつまらない……。

その理由は、その男性の「優しさ」は「優しくない」から。

実は、女性の考える「優しさ」と、こういった男性の考える「優しさ」には大きなズレがあるのです。

素敵な男性と、どうでもいい男の行動の違い

「優しさだけがとりえ」というタイプの男性は、こんな行動をしがちです。

・デートのとき、女性のバッグを持ってくれる
・女性が体調悪そうにしていると、「大丈夫?」と心配そうにする
・仕事で会えなくなったと電話をしても、にっこり「いいよ」と言ってくれる
・女性の機嫌が悪いと、しょんぼりする
・「どこでも君の好きなところへ行こう」「君の好きなものを食べよう」という
・嫌なことがあった話をすると、一緒に悲しんでくれる
・誕生日やクリスマスにはアクセサリーを買ってくれる

これはすべて、一見優しくて相手を思いやる行動ばかりに見えます。

しかし、女性が男性に求める「優しさ」とはズレがあるのです。

女性が本当に求める男性の優しさは、次のような行動ではないでしょうか。

・デートのとき、買い物をして荷物が増えるとさりげなく荷物を持ってくれる
・女性が体調悪そうにしていると、黙って家まで送ってくれて、不器用ながらにおかゆを作ってくれる
・女性の機嫌が悪いと、楽しい気分になるような面白い提案をしてくれる
・仕事で会えなくなったと電話をすると、落ち込む
・いつも二人が楽しくなるようなデート場所を提案してくる。自分の好きな食べ物を一緒
に食べようと提案してくる
・女性の好みでない食べ物が出てきたら、自分が全部食べてくれる
・嫌なことがあった話をすると、だまって抱き寄せてくれる
・誕生日やクリスマスには自分があげたいものと女性の欲しいものをわけて考えてプレゼントを選ぶ

女性が男性に求める「優しさ」とは

前者と後者の「優しさ」の違いのポイントは、「能動性」にあります。

何かが起こったとき、「自分はこう考えるけどキミは?」という考えが行動の原点にある男性に女性は魅力を感じるのです。

自分の考えをきちんと主張し、相手の考えを聞いて、適切な判断をする。

女性の求める「男性の優しさ」は、男性の「自信」に裏付けられた「余裕」と言えるのではないでしょうか?

では、前者のような男性はどこがダメなのでしょう?

前者のような男性は、女性の意見を聞いて女性を優先にしているように見せかけて、実は「自分はどうしたらいいか分からない。君が決めて。」と女性に丸投げしているのです。

優しいけどモテない男性には、このタイプがとても多いように思います。

決断を全て女性に任せ、それを優しさと履き違えているんですね。

もちろん自己主張を控え、相手を優先することのできる人は良い人には違いないのですが、男女の恋愛においては「頼りない、つまらない」と思われてしまう。

よく「良いひとなんだけど……」といわれるのがこのタイプですね。

「決断する」ということは案外ストレスが多い作業ですから、それを丸投げされると女性は知らず知らずのうちにストレスを蓄積させてしまいます。

逆に、バシッと決断できる男はかっこいいですが、決断が独りよがりでは一緒にいても楽しくないですよね。

女性の皆様、これから友達に「すごく優しくて良い人がいるんだけど、どう?」などと誘われたら、この優しさのズレをきっちり説明して、あなたの求めているタイプの男性かどうかを確認してはいかがでしょうか?

Written by 杉本レン
Photo by imagerymajestic