28日、今年活躍した90年代生まれの人々を選ぶ「傑出青年トップ10」で、人気ユニットTFBOYSのワン・チュンカイが1位に選ばれた。メイン写真はワン・チュンカイ。

写真拡大

2016年12月28日、今年活躍した90年代生まれの人々を選ぶ「傑出青年トップ10」で、人気ユニットTFBOYSのワン・チュンカイ(王俊凱)が1位に選ばれた。捜狐が伝えた。

【その他の写真】

中国の経済紙・中国聯合商報が発表した「傑出青年トップ10」では、政治・経済・芸能・スポーツなど各界から、今年を代表する90年代生まれの顔ぶれが選ばれている。芸能界から3人がランクインした。

堂々1位に輝いたのは中国のジャニーズとも言われる人気ユニットTFBOYSのリーダーで17歳のワン・チュンカイ。今年はチャン・イーモウ(張芸謀)監督の映画「The Great Wall」(中国語タイトル:長城)に出演し、ドラマ「青雲志」も好評で、ソロで目覚ましい活躍ぶりを見せた。

2位は歌手で俳優のルハン(鹿[日含]/ルー・ハン)。韓流人気グループEXOを脱退後、ソロで活躍。映画「20歳よ、もう一度」「我是証人」などで、俳優としての実力も示した。

女優のジェン・シュアン(鄭爽)が4位に登場。中国版「花より男子」でヒロインを演じて人気を獲得し、今では若手女優の代表格の一人となっている。

芸能界以外では、リオ五輪で金メダルを獲得した女子バレー中国代表から、その立役者となったジュー・ティン(朱[女亭])選手が3位に登場。同じくリオ五輪で、女子100メートル背泳ぎで銅メダルを獲得し、インタビューで天然キャラをさく裂させて世界的な話題になった傅園慧(フー・ユエンホイ)が7位に選ばれている。(翻訳・編集/Mathilda)