【カングーからメガーヌまで】MTを嗜むドライバー必見のルノー車たち

写真拡大 (全18枚)

効率だけでは語れないMTの魅力が多くの車種で味わえる

例えば機械式の腕時計には特有の味わい深さと所有する喜びがあるように、たとえば吸入式の万年筆にはほかの筆記具には望めない書き心地と充足感があるように、つきあうのにちょっとばかり手間暇とノウハウを必要とする古式ゆかしい道具には、便利さや効率の良さを追求して進化してきた似て異なるモノが失ってしまった、何ともいえない魅力がある。

クルマの世界でも、未来の自動運転化に向かって様々な技術の開発が加速度的に進められている今、MT(=マニュアル・トランスミッション)も、それらと同じように“嗜好品”の領域に入りつつあるのかも知れないな、と感じることが多い。

トルクコンバーター式のAT(=オートマティック・トランスミッション)も今ではただ楽チンなだけじゃなく、燃費重視のプログラムが進められているし、変速だってトロくはない。デュアル・クラッチ式のセミAT(またはロボタイズドMT)に至っては、ATと同じようにイージーに走らせることができるうえ、プロのドライバーですら及ばない変速スピードを初心者ですら楽しむことのできる領域にある。技術の進化というのは物凄い。

一方、わざわざシフト・レバーと3つのペダルを自分で操作しなければならないMTは、不便でめんどくさいし、疲れるし効率も悪いし、そういう意味では時代から取り残されつつある存在だ。

500馬力だ600馬力だ700馬力だというスーパーカー達がこぞって3ペダルのMTを捨ててしまったことが象徴してるといえるだろうけど、ATあるいはセミATしか設定がない車種のほうが圧倒的な多数派であるのもやむを得ないといえばやむを得ないのだ。北米に次ぐAT大国といえる日本では、なおさらだろう。

ところがそんななか、ふと見渡してみると、ルノーがおもしろいことになっている。日本に導入されているラインアップのなかでAT(セミAT)のみという車種はたったひとつで、それ以外はすべての車種にMTを採用したグレードが設定されてるのだ。

・ルーテシア

標準的なグレード、ゼンの0.9リッターが5速MT仕様。90馬力に13.8kg-mの897cc直3ターボというダウンサイジング・エンジンに足腰のしなやかさを感じさせるシャーシとMTの組み合わせは、速さこそ限られているがキビキビとリズミカルな走りを楽しめて、思いのほかスポーティ。

・カングー

標準グレードのゼンとシンプルな装いのアクティフに、6速MT仕様がある。いうなれば背高なミニバン・スタイルのクルマでありながら快適性と意外なほどのフットワークを見せる懐深いシャシーに115psと19.4kgmのダウンサイジング系1197cc直4ターボを積むMT仕様のカングーは、まさしくフランス本国のテイストそのまま。家族を持つお父さんもただの運転手にならずに移動そのものまで楽しめる。

 スポーツモデルからコンパクトまでカーライフを満喫できるMTが揃う

・メガーヌ

5ドア・ハッチバックとエステートのスポーティ・グレード、GT220、それに3ドアの最強版RS273が6速MTのみの仕様。273馬力に36.7kg-mの1998cc直4ターボを積むニュル最速の1台、RS273のみならず、そこまでハードではないグランツーリスモ指向、ディチューン版の220馬力に34.7kgmを積むGT220までMT版のみという潔さ。しかもワゴン・ボディも同様、である。巧みにチューンナップされたシャシーとパワフルでトルクフルなエンジンをMTで操るのは、まさしく快感。

・トゥインゴ

現状ではルーテシア0.9リッターと同じ897cc直3ターボとセミATのモデルのみだが、日本導入当初に71馬力と9.3kgmの998cc直3自然吸気と5速MTを組み合わせたサンクSというモデルが50台限定で設定され、即日、それもわずか数分で完売。2017年にはほぼ同じ仕様が正式なカタログ・モデルとして設定される模様で、その発売開始も間近だ。

といった具合で、キャプチャーというクロスオーバーSUVを除けば、コンパクトカー、ミニバン、ハッチバック、ワゴン、スポーツカーのすべてにMTモデルが用意されている、というわけだ。ご存じのとおりフランス本国は驚くほどMT車比率が高い国であり、本国にあるものをそのまま日本へ持ってきたと見る向きもあるだろうけど、日本のマーケットの現状を考えれば、ちょっとリスキーなラインアップの組み立て方。

並行してATやセミATがあるなら、そっちだけ導入するというのが標準的なやり方といえるだろう。ところがルノー・ジャポンは、積極的にMT車を導入していて、しかもファン達からは根強い支持を受けているのだ。どこのディーラーに訊ねても、MT車の販売比率が高いのである。それってとっても凄いことだと思う。

全員がそうだとは言わないけれど、クルマを走らせることが好きな人の多くは、MT車を走らせることに楽しさを感じるものだ。僕ももちろんそう。腕と足を駆使して、脳ミソと全身の感覚を総動員してのドライビングは、「操縦してる!」という感覚に満ちていて刺激的だ。ひとつひとつの操作を正確にタイミングよくしていかないと綺麗に走ってくれないというところが、“ちゃんとできている”自分に軽く誇りが感じられて、またいい。

それに何より、自分自身の意志で積極的にギヤを切り替えることが、まるで自分自身で生きるスピードを決めているような感覚につながっていて、最高にいい。ATでクルマに委ねて走るのは安楽でいいけれど、すべてが自分次第のMTは、自分の全身を使って自分の人生を自分の意志で生きるというのに、とてもよく似てる。他人にプログラムされた人生より、自分で全てをコントロールしながら生きていきたい。そんなふうに思ったことはないだろうか?

考えてみれば、フランスはおそらく唯一、高校の授業のカリキュラムに“哲学”がある国であり、そこがとても重視される国でもある。生き方は自分で考えろ、というわけだ。フランスのMT比率が高いのは、だからなのかも知れない。

とはいえ、そんな理屈はどうでもよくて、単に楽しいから、だからMT。それでいいのだと思う。日本で暮らしているとMT車に乗りたくてもチョイスそのものが少ないわけだけど、ならばルノーのディーラーを訪ねてみたら? とオススメしたい。もしかしたらあなたは、ルノー・ジャポンのリスク覚悟のラインアップ作りに、感謝することになるかも知れない。