貴重なフォーショット! スティーヴン・ユァン、ジョシュ・マクダーミッド、アラナ・マスターソン、マイケル・カドリッツ

写真拡大

 大人気海外ドラマ「ウォーキング・デッド」でグレンを演じているスティーヴン・ユァン、タラ役のアラナ・マスターソン、エイブラハム役のマイケル・カドリッツ、ユージーン役のジョシュ・マクダーミッドが、30日まで開催中の「ハリウッド・コレクターズ・コンベンション No.11」(ハリコン)に出席するため来日、大勢のファンと交流した。

 スティーヴンは3回目の来日、ジョシュは2回目、アラナとマイケルは初来日となり、早朝から多くのファンが集まった会場は熱気でいっぱい。なかでも衝撃の展開を迎えたシーズン7の放送直後であり、プライベートでは結婚と妻の妊娠を発表したスティーヴンのファンが大集結。午前中だけでおよそ500人、本日中で1,000人以上のファンと会うことになるという。

 3回目の「ハリコン」登場となったスティーヴンは、すっかりスタッフとも意気投合。特に初来日から撮影を担当しているカメラマンとは抜群のチームワークをみせ、さまざまな表情を作ってみせるなどノリノリ。休憩に向かう時も、会場の裏ではなく、あえて列をなしたファンがひしめくロビーを通るなど、本当にファンを大切にしている様子のスティーヴンは「たくさんのファンに会えてとてもうれしい!」と笑顔をみせた。

 アラナ、マイケル、ジョシュの3人もリラックスした様子で撮影やサインに臨み、多くのファンと交流。特に劇中でも印象的な関係を築いたマイケル&ジョシュはプライベートでも2人で出かけたりと非常に仲良しのようで、日本観光も楽しみにしているとのこと。「ハリコンNo.11」は明日30日も開催。シリーズファンにとっては、2016年を締めくくる思い出作りに最適のイベントとなりそうだ。(取材:村田由美子 撮影:高山博行)

「ハリウッド・コレクターズ・コンベンション No.11」は12月29日、30日に品川プリンスホテルで開催(入場無料:俳優によるサイン会・撮影会:有料)