EXO ディオ&SHINee テミンからパク・ボゴム&チョン・ジヒョンまで…2017年が期待される“酉年生まれ”のスター20人

写真拡大 (全9枚)

2016年の丙申年、今年は申(サル) 年生まれの俳優カン・ドンウォン、チョ・ジョンソク、イ・セヨンと歌手キム・ヒョナ、CRUSH、EXIDのハニ、Block Bのジコなどのスターたちが目覚ましい活躍を見せた。では2017年の丁酉年、酉(トリ) 年生まれの芸能人たちは誰だろう。新年を迎えて活発な活動が期待される酉年生まれのスターたちを調べてみる。

イケメン俳優イ・ドンウク&チョ・インソン

イケメン俳優たちの中、代表的な酉年生まれのスターは1981年生まれのイ・ドンウクとチョ・インソンがいる。イ・ドンウクは現在放送中のtvNドラマ「鬼」で死神の役を演じ、視聴者たちの愛を一身に受けている。第2の全盛期を迎えたと言っても過言ではないほど、来年の活躍がさらに期待される。

チョ・インソンは新年、劇場街の最初のランナーとして乗り出す。2017年1月18日、映画「ザ・キング」の公開を控えている。なんと8年ぶりのスクリーンカムバックで観客たちの関心が高まっている。

大ブレイク中のスターパク・ボゴム&ソ・ガンジュン&ユ・スンホ&イ・ヒョヌ

おそらく多数のスターがいる中、1993年生まれの男性俳優たちの活躍が最も期待されるだろう。1993年に一体何が起こったのかと思われるほど、人気スターたちがたくさん生まれた。パク・ボゴム、ソ・ガンジュン、ユ・スンホ、イ・ヒョヌなどが来年も今年と同じく、スクリーンとドラマを行き来しながら女心を捉えると予想される。

清純な女優ソン・ヘギョ&チョン・ジヒョン

1981年酉年生まれの女優の中では、“清純の代名詞”ソン・ヘギョとチョン・ジヒョンが目立つ。彼女たちは今年、ドラマで大活躍し、もう一度底力を誇示した。それぞれドラマ「太陽の末裔」と「青い海の伝説」を大ヒットさせた。美貌はデビュー当時と変わらないのに、演技力は日増しに成長している2人だ。来年にはまたどんな作品を通じて、変わった魅力を披露するのか好奇心が刺激される。

韓国の代表歌手オム・ジョンファ&ユン・ジョンシン

1969年酉年生まれのスターたちとして、韓国の代表歌手オム・ジョンファとユン・ジョンシンがいる。一世を風靡した伝説的な歌手であり、今でも人々から愛されている。特にオム・ジョンファは最近、8年ぶりにニューアルバムをリリースし、2017年上半期の歌謡界にブームを巻き起こす予定だ。

ラッパーBewhY&C Jamm&WINNER ソン・ミノ

1993年酉年生まれのラッパーにはBewhY、C Jamm、WINNER ソン・ミノがいる。彼らはMnet「SHOW ME THE MONEY」に出演し、抜群のラップ能力を認められた歌手だ。発表する音源ごとに主要音楽配信チャートで1位を席巻しているラッパーで、来年にはまたどんな音楽でファンの耳を楽しませてくれるのか期待される。

“SMの同い年”EXO ディオ&SHINee テミン

SMエンターテインメントの1993年生まれのアイドルEXOのディオとSHINeeのテミンもいる。何よりも2人の活躍が期待される理由は、ソロ活動もグループ活動ほどパワーを誇示しているからだ。ディオは本名のド・ギョンスで、多数の作品を通じて新人らしからぬ演技力を誇示し、俳優としても注目を受けている。テミンはソロ歌手として力量を発揮した。

ガールズグループのメインボーカルApink チョン・ウンジ&f(x) ルナ&Girl's Day ミナ

酉年生まれのガールズグループメンバーの中では、1993年生まれのメインボーカルメンバーが目を捉える。Apinkのチョン・ウンジ、f(x) のルナ、Girl's Dayのミナなどがいる。

1993年生まれのシンガーソングライターIU(アイユー)、ペク・アヨンも2017年の活躍が期待される。特にIUは今年本業をしばらく休んで、演技活動に集中していただけに、カムバックが期待される歌手だ。