「第67回NHK紅白歌合戦」リハーサルが行われた渋谷・NHKホール

写真拡大

12月31日(土)にNHK総合にて生放送される「第67回NHK紅白歌合戦」のリハーサル(2日目)が、会場となる東京・渋谷のNHKホールで12月29日に行われ、5回目の出場となる関ジャニ∞が会見に出席した。

【写真を見る】関ジャニ∞は初のトップバッターを務める!/(C)NHK

村上信五は質問を受ける前に第一声、「まず僕からよろしいですか?」と前置きし、「僕らが追い掛けるには背中が大き過ぎる先輩でした。我々は少しでも受け継げるよう、勝手にバトンをもらったつもりで、繋いでいければと思っています」と、神妙な面持ちで解散するSMAPへコメント。

次いで、村上は自分たちのステージについて「新しい(客席1階と2階の間にある)“ルーフステージ”から歌わせてもらいますし、初めてトップバッターをやらせてもらえて、『初めて』を2個ももらいました。いいプレッシャーの中で盛り上げられたら」と見どころを語った。

安田章大も「『ズッコケ男道』は、『ブンブン』とか『イエイ、イエイ、イエイ』と掛け合いがあるので、会場の皆さんや視聴者の方々に楽しんでもらえたら」と“合いの手”をレクチャー。

ルーフステージからメインステージに移動する演出では、渋谷すばる&錦戸亮が司会者の嵐・相葉雅紀と有村架純へ絡みに行く予定も。

特に渋谷は有村側の立ち位置だが、コメントを求められると「どう絡んでやろうか」(渋谷)とポツリ。報道陣とメンバーを笑わせた。

丸山隆平は、ことしを表す漢字一文字を聞かれ、「『全』ですかね。“全”国ツアーを回って、グループで“全”力を尽くして走り切れた一年でした」と回答。さらに、「来年は、“全”に、ちょんちょん(点2つ)つけて、皆さんの心の“金”メダルを取りたいですね!」とドヤ顔。

これには大倉忠義や横山裕らメンバーも笑顔がこぼれ、丸山は「例年以上の(囲み取材での)手応えや」とうれしそうだった。

関ジャニ∞は、12月31日(土)夜7:15から始まる番組のトップバッター。しょっぱなから紅白をエンジン全開で盛り上げる7人の姿をお見逃しなく!