台湾初のVIX短期先物指数連動型ETF  「ブラックスワン」によるリスク回避

写真拡大 (全2枚)

(台北 29日 中央社)富邦投信(台北市)は19日、S&P500 VIX短期先物指数に連動する投資効果を目指す上場投資信託(ETF)「富邦標普500波動率短期期貨ER指数股票型期貨信託基金」の募集を開始した。30日に上場予定。同様のETFの発行は台湾初となる。

台湾証券取引所は、2016年に英国が国民投票で欧州連合(EU)からの離脱を決めたことや米大統領選でのトランプ氏勝利といった2つの「ブラックスワン」(事前予想がほぼ不可能で、起きた際の衝撃が大きい事象)が襲来したことに触れ、同様のETFは投資家のリスクヘッジに有効だと説明した。

(田裕斌/編集:名切千絵)