29日、稲田朋美防衛相の靖国神社参拝を受け、韓国外交部は在韓日本大使館の公使を呼んで抗議した。写真は韓国外交部。

写真拡大

2016年12月29日、稲田朋美防衛相の靖国神社参拝を受け、韓国外交部は同日午後、在韓日本大使館の公使を呼んで抗議した。中国新聞網が伝えた。

韓国メディアによると、韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は同日、論評を発表し、「日本の政治家が過去の植民侵略を美化し、戦争犯罪者を合祀(ごうし)した靖国神社を参拝したことについて慨嘆を禁じ得ない」と批判。「日本の指導者が歴史を直視し、過去の歴史に対する反省を実際の行動で示してこそ、周辺国と国際社会から信頼を得られる」とした。(翻訳・編集/柳川)