「パンドラ」パク・ジョンウ監督“今の韓国情勢に似ていて怖かった”

写真拡大 (全3枚)

「『パンドラ』は4年前、今の政権が始まった時に書き始めた作品でした。思えばクレイジーな話でしたが、書くべき題材だと思っていました。後は考えず、一応制作してみようと決め、投資もできないだろうと予想してましたが、幸いでした」

映画「パンドラ」(配給:NEW) は韓国で初めて原発事故を題材にした作品で「ヨンガシ 変種増殖」のパク・ジョンウ監督の次期作だ。キム・ナムギル、ムン・ジョンヒ、キム・ミョンミン、イ・ギョンヨン、キム・ヨンエ、キム・ジュヒョン、カン・シンイル、ユ・スンモク、キム・デミョンなど多数の俳優たちが原子力発電所の社員とその家族、そして大統領と総理役割を演じた。

「パンドラ」はクラウドファンディングを通じて、法定最高額である7億ウォン(約6800万円) を募集するのに成功した。敏感な社会現実を批判する内容であるため、投資さえできないと予想していたが、幸いに投資とクラウドファンディングが成功裏に行われ、150億ウォン(約14億6000万円) を投入して災難大作を完成させた。

「『パンドラ』は初めから規模や話すべきこと、人物の構成たちを僕の思い通りに配置して進ませ、約125億ウォン(約12億万円) が投入されたが、監督の立場ではとても幸せでした。映画の撮影現場を見た時、監督としてはとても幸せな作業現場でした。ただそれが僕一人だけの幸せで終わらず、皆に良い結果として出てほしいです。物量や規模も大事だが、人の話であるため情緒的な感じも収めたかったんです」

これに先立って「ヨンガシ 変種増殖」を準備しながら集めた災難劇に対する知識と内容が「パンドラ」でさらに多くなった。パク・ジョンウ監督は資料調査をたくさんしたことから、もし「パンドラ」が映画化されなかったとしたら、本として発刊する計画だったと話し視線を引き付けた。まるで闘士の気持ちになって「パンドラ」の制作を始めたという。

「最悪の場合、政権が変わったら制作しようと思っていました。しかし投資した方からは、地震が実際に発生したことを見て『絶妙だ』というよりは、恐怖を感じたみたいです。これ以上引き伸ばしてはいけないと思ったようです。公開することを決心した数日後に、このような事件(今の時局) が起こりました」

「パンドラ」の中には原発事故発生後、適切で素早く対応することができなかった大統領に対する批判が盛り込まれているが、公開前に大統領と関連したスキャンダルが話題になり、内容を縮小・編集した。これに対してパク・ジョンウ監督の率直な意見と理由について聞くと、この映画の目的に対して言及した。

「関連したセリフを編集して削除した理由は、この映画の目的が権力の不正を暴くことではなく、原発に対して話すことだったからです。原発について話すために、流れとしてコントロールタワーの登場が必要不可欠だったんです。とにかくこの映画は、4年間隠しておいた子供のように誰にも話せず、静かに制作していた映画です。ぜひ多くの方々に関心を持ってほしいです」