フィアット「500」派生モデルのMPV(ミニバン)、「フィアット500L」改良型プロトタイプが豪雪の北欧で耐寒テストを開始しました。

1

2012年に登場した「500L」は、ノーマルよりも全長が594mm、全幅が153mm、全高が175mmボディが拡大され、実用性に優れたモデルです。

「L」はラージを意味し、専用のプラットフォームが与えられています。

改良型では、より多くのLEDを装着するヘッドライト、スポーティーなエアインテーク、3D形状のリアコンビランプへ変更される他、前後バンパーもリフレッシュされます。

最新世代のインフォテイメントシステムも注目されます。フィアットはこの「Uconnect」システムにスペシャルエディションを用意することを予告しています。

パワートレインは「ティポ」の1.3リツトル「マルチジェットII」及び1.6リットル「マルチジェットII」が流用されます。

ワールドプレミアは2017年秋頃と見られます。

(APOLLO)

フィアット500L改良型、豪雪でテスト!前も後ろも完全リフレッシュ(http://clicccar.com/2016/12/29/430628/)