実話を映画化した「LION ライオン 25年目のただいま」 (C)2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia

写真拡大

 インドで迷子になった5歳の少年が、25年後にGoogle Earthで故郷を探し出したという実話を映画化した「LION ライオン 25年目のただいま」のポスタービジュアルと日本版ショート予告編が公開された。

 インドで生まれた主人公のサルーは、迷子になったことで家族と生き別れ、オーストラリアの養父母のもとで暮らすことに。成人し、幸せな生活を送れば送るほど、インドの家族への思いを募らせてゆき、サルーは人生を取り戻し、未来への一方を踏み出すため、そして母と兄にあの日言えなかった「ただいま」を伝えるため、おぼろげな記憶とGoogle Earthを頼りに生まれ故郷を探し始める。

 「スラムドッグ$ミリオネア」のデブ・パテルが青年になったサルーを演じ、サルーの恋人のルーシー役でルーニー・マーラ、育ての母役でニコール・キッドマンが共演。トロント国際映画祭では観客賞次点に選ばれ、第74回ゴールデングローブ賞では作品賞(ドラマ部門)を含む4部門にノミネートされている。

 予告編では、数奇な運命をたどってきたサルーの壮大な旅が断片がちりばめられ、故郷に一歩近づくごとに少しずつよみがえる記憶のかけらが、次第に真実を浮かび上がらせていくさまが描かれた。

 「LION ライオン 25年目のただいま」は、2017年4月からTOHOシネマズみゆき座ほか全国で公開。