ドラマ「ソロモンの偽証」年末特集のため30、31日の放送休止

写真拡大

JTBC金土ドラマ「ソロモンの偽証」が、30日と31日に年末特集の放送編成のために今週は放送されない。

「ソロモンの偽証」側は本日(29日)、「30日、31日に予定されていた5話と6話の2話分が休みとなる。年末の特殊性を考慮して、『ソロモンの偽証』の時間帯には特集番組が編成され、『ソロモンの偽証』は2017年1月6日に再び視聴者たちのもとを訪ねる予定だ」と明らかにした。

しっかりとしたストーリーの原作をもとに緻密な事件展開、ティーンエイジャーの心の内面を繊細にとらえて、現実をそっくり反映した台本と、“神の一手”であることを立証した俳優の熱演などが融合し、毎回のごとく名ゼリフ、名シーンを誕生させている「ソロモンの偽証」は、ウェルメイドドラマという評価が広まりマニア層の熱い支持を受けている。

関係者は、「はずみをつけて校内裁判に向かって走って行く『ソロモンの偽証』にたくさん期待していただきたい。より完成度を高めて視聴者にお見せするようにする」と話して、「ドラマの見どころである校内裁判の開始と共に、また他の興味深いストーリーが展開する予定なので期待してほしい」と呼びかけた。