合コンで「教師」を落とすなら、“「会ったら逃すな!」が合言葉”

写真拡大

こんにちは、トイアンナです。待ちに待ったよこの回を! 合コンGOのモンスターでも善人率が高い上に落としやすさもNO.1。それが教師です。そんな彼らがなぜ合コン市場へ来る前に捕獲されていないのでしょうか。

まずは「そこそこ激務」な現状があります。学生時代の行事を思い出すと、入学式、春の遠足、修学旅行、定期テストとイベントが目白押し。ここへ家庭訪問や部活指導を詰め込むと余暇はほとんどありません。商社マンや外銀マンに比べればホワイトでも、「給与に見合わない」と嘆く教師は多いものです。

その合間を縫って合コンに顔を出してくれたなら、まずは来てくれたことに感謝しましょう。彼にとっても限られた出会いのチャンス。これを逃す手はあなたにとってもありません。

<本日のモンスター:教師>

出会う異性は多いのに「出会いがない」という謎の生き物。その理由は出会いのほとんどが生徒というアンタッチャブルな存在だからです。さらに部活の顧問を担当すれば一気に激務労働者。週末を犠牲にして生徒へ捧げる彼らは、まさに現代の聖職者でしょう。

●OP(落としやすさポイント):★★★★★

おめでとうございます、★5つ! 保守的な家庭で真面目に育った方も多く、結婚願望は高め。それでありながら出会いは少なく、合コンは彼らにとっても貴重な恋愛チャンスです。会ったら逃すな! それが男性教師を狙う上での合言葉です。

●タイプ:いいひと系

職種としては公務員の一種とされる教師ですが、ホワイトな市役所職員と一緒にしちゃあいけません。定期テストに部活顧問、問題児の指導から受験対策まで。果てしない業務へ全身全霊を尽くすには、よほどの献身がなくては務まりません。生徒指導への情熱は普段から聞けない話だけに新鮮味もあって◎です。

■「教師」ゲットのカギ!

●仕事への情熱を掘り起こそう

「出会いがないって、女教師もいっぱいいるじゃない」と思ったあなたは、学生時代を思い出してみましょう。小学校は女性教師ばかり、そして中高は男性教師が大多数じゃありませんでしたか? 小学校と中学以降で教職は男女比が偏るため、出会いが少ない状況にあります。

彼らは激務寄りなので、話題が仕事の話に偏りがちです。女性を盛り上げる華やかなトークと無縁がゆえに、合コンでちやほやされにくくライバルも少数。さらに教職だからこそ「お持ち帰り」「同時に参加した女性2名を口説く」といったマナー違反もできません(学校へ訴えられたら彼らのキャリアは終わりです)。

ライバル女性が目をつけておらず、真面目で誠実な男性。まとめると教師は合コン市場における聖域です。ブラボー! えっ、自分をちやほやしてくれて、話がおもしろい男性としか付き合いたくない? そんなあなたは「代理店マン」へどうぞ〜。

●デートや連絡が少なくても寂しがらないで

では、実際に教師と付き合うにはどうすればいいでしょうか。出会いが少ないので、極端な話「お試しでもいいから付き合って」と告白するだけで関係をスタートできます。

問題は付き合いの続け方。まずは彼らの忙しさを理解しましょう。美術教師など非常勤でもなければ丸1日休みを取ることは厳しく、デートどころかLINEも途切れ途切れ。そんな関係でも気にしない自立した女性が好まれます。

実際に男性教師と付き合った女性からは「自分も激務くらいがちょうどいい。寂しくならないし」との証言が。教員同士の結婚も多いようですが、同じ職場だと生徒からの冷やかしもあってきまずい……と他校の先生との出会いを求める場合もあるそう。もしあなたが教師でなければ、習いごとや副業であえて精神的に自立するのがお付き合いのコツとなりそうです。

(監修・文:トイアンナ、イラスト:菜々子)

※次回「食品メーカー営業編」は1月5日更新。「爽やか営業マン」ゲットだぜ!