「森のきのことサーモンのクリームグラタン」(税別1600円)

写真拡大

羽田空港国際線旅客ターミナルの一般エリアにあるグラタン専門店「神楽坂グラタン食堂 Bon Gout(ボン・グゥ)」が、1周年を迎えて新メニューを提供開始。

【写真を見る】「魚介3種のココット」(税別1600円)

テレビ番組「料理の鉄人」にも出演したフレンチ出身のシェフである豊嶋誠司氏が、全面プロデュースしている。

新メニューは、数々のフレンチの名店を手掛けた敏腕シェフ監修のベシャメルソースと、さまざまな素材のうまみが凝縮された。

豪華食材を使ったユニークなグラタンは、“日本のグラタンを世界へ”が合言葉。フレンチの技法を生かし、バジルがアクセントに効いた冬ならではの一品である「森のきのことサーモンのクリームグラタン」(税別1600円)や「車海老のマカロニグラタン」(税別2200円) など、4種が登場する。

また、肉か魚介が選べ、1度に3つの味わいが楽しめる「3種ココット」シリーズがパワーアップした。「魚介3種のココット」(税別1600円)は、「エビマカロニグラタン」、「カニときのこドリア」、「サーモンとトマトとズッキーニの香草焼き」。「お肉の3種のココット」(1600円)は、「ポテトとミートソースドリア」と「ビーフシチューと菜園野菜」、「牛すじトマト煮グラタン」となっている。

店舗は一般エリアに構えられていることで、旅行客でなくても利用可能となっている。鉄人の味に舌鼓を打とう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】