BIGBANGのV.I「昔は人気者になりたかったが、今はもう諦めた」

写真拡大

BIGBANGのV.Iが「以前は人気者になりたかったが、今ではもう諦めた」と述べた。

V.Iは韓国で28日午後に放送されたMBC「黄金漁場−ラジオスター」で「チームに最後に合流し兄さんたちより認知度も低く不安で焦っていた」と明かした。

彼は「兄さんたちのステージを見たら、サングラスをかけて歌っていた」とし「僕も真似してかけてみたけど、真っ暗で何も見えず諦めた」と説明した。

続けて「兄さんたちがステージの上で“はやしことば”を入れるのがカッコよく見え真似した。ヤン・ヒョンソク(社長) からメッセージが来て、今後は“はやしことば”は入れるなと言われた」と付け加えた。

V.Iは「昔は人気者になりたかったが、今はもう欲がない」と締めくくり皆を笑わせた。