「インデックス型投資信託」は信託報酬で選べ! 低コスト競争の今こそ、常にコストをチェックして、 信託報酬がもっとも安いの投資信託に乗り換えよう!

写真拡大

ダイヤモンド・ザイは、日本株の「2017年『株』全予測&儲け方」を総力特集。株の特集ではあるが、投資信託についても詳しく掲載している。

今回はその中から、投資信託のスタンダードとも言える「インデックス型」のコストに注目した記事を抜粋して紹介。インデックス型はコストの安さで知られているが、各社熾烈な低コスト競争を繰り広げており、こまめに低コストランキングは入れ替わっている。ここでは2016年11月末時点の最新情報を紹介するので、乗り換え先候補の検討に役立ててほしい。 

信託報酬の高さで成績に大きな差が出る!

 投資信託の手数料といえば、最も注目しなければならないのが「信託報酬」だ。指数への連動を目指すインデックス型投資信託は、信託報酬の高さが、成績に影響する。

 このため、長期投資であるほど、信託報酬が低いインデックス型を選ぶことが重要になる。近年、信託報酬が低い投信が続々と設定され、設定当初は最安でも、さらに信託報酬が低い投資信託が出てきていることもある。

 2016年11月末現在の主要なインデックス型投資信託の信託報酬の一覧は以下のとおりだ。

 現在、「ニッセイノーロード」「iFree」や「たわらノーロード」「三井住友・DC」シリーズが最安の地位を競っている。

 グローバル株型では「eMAXIS」シリーズが0.65%に対して、最安の「ニッセイノーロード」は0.22%と、0.4ポイント以上の差に。定期的にチェックし、低コストの投資信託に乗り換えるべきだ。

 ここまで低コスト型のインデックス型投資信託を紹介してきたが、今後も勢力図が入れ替わる可能性は大。こまめにウォッチするよう心がけよう。

【関連記事はこちら!】
■インデックス投資で運用利益1000万円オーバー!資産配分からポートフォリオ、積立方法まで、個人投資家・吊られた男さんの手法のすべてを公開!
■インデックスファンドとETFの二刀流で利益アップ!運用成績+40%超のインデックス投資家・kenz氏の資産配分とポートフォリオ、おすすめ銘柄を紹介!