カラ松と一松が縛られてる… 「おそ松さん」の名シーンを再現したネーム印ケースセットが発売されるよ!!

写真拡大


いつもユニークなアニメグッズを発表している「プレミアムバンダイ」から、またまたすんごい商品がお目見えしましたよ! TVアニメ『おそ松さん』をテーマにした「自己責任ステーショナリーシリーズ」第4弾として登場したのは、“カラ松”と“一松”のネーム印「シヤチハタ ネーム9」の専用ケースセット。

でもこのカラ松と一松、どっかで見たことある気がするんだよな……。

って思った皆さん! そうなんです、このネーム印ケース、ふたりが劇中で丸太やバットに縛られているシーンをモチーフにしているんですっ!!

【丸太に縛り付けられたカラ松】


カラ松バージョンは、アニメ第5話Aパート「カラ松事変」より。飲み代をツケにした6つ子への制裁のため、チビ太がカラ松を人質に取り、丸太に縛りつけたシーンを再現。

驚きの表情で縛られた自分の姿を眺めるカラ松の姿……たしかにこのシーンあった! 作中で不遇な扱いを受けることが多いカラ松だけど、このシーンはあまりにかわいそうすぎて印象に残っている皆さんも多いのでは。

【バットに自らを縛り付ける一松】


一松バージョンは、アニメ第9話Bパート「恋する十四松」より。恋をして普段と様子が違う十四松に、いつものようにバットに自分を縛りつけて野球の素振りをしないのかと問いかけるシーンを再現。自らバットに自分を縛り付けるという気遣い(?)を見せる一松がなかなか衝撃的な場面でした。

【細かいところまでこだわってます】

いつもはキリッとしているのに慌てふためく表情が隠せないカラ松と、普段通りの気だるげな素振りを見せる一松との表情の対比も注目ポイント。ふたりの個性がしっかりと出ていて面白い! また造形も、ふたりの表情や、握った拳、愛しい足先にまでこだわったそう。さらに丸太やバットの質感にも注目だといいます。

スタンプケースには別売りの「シヤチハタ ネーム9」の印面部分を簡単に取り付けられる仕様になっているので、気分によってカラ松・一松のケースを付け替えることが可能。2人のスタンプケースをそのまま飾っておける窓付きのパッケージに入れて届けてくれるんだって!

価格は2つセットで税込3456円(送料・手数料別途)。プレミアムバンダイ限定で現在予約受付中。発送は2017年4月予定とのこと。オフィスで、自宅で、カラ松&一松をポンポン押して楽しんじゃおう!

参照元:プレミアムバンダイ
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

画像をもっと見る