26日、韓国・テレビ朝鮮は、韓国に数多くいる「チェ・スンシル」さんの苦労について報じた。国を揺るがす国政介入事件の核心人物・崔順実被告と同姓同名の韓国人が、その名前のために日々苦しんでいるという。写真は事件に抗議しソウルで行われたデモ。

写真拡大

2016年12月26日、韓国・テレビ朝鮮は、韓国に数多くいる「チェ・スンシル」さんの苦労について報じた。国を揺るがす国政介入事件の核心人物・崔順実(チェ・スンシル)被告と同姓同名の韓国人が、その名前のために日々苦しんでいるという。

京畿道果川に暮らすチェ・スンシルさんは「最近は名前のせいでまったくやっていられない」とこぼす。集まりに遅れると「遅かったわね。聴聞会にでも行ってきたの?」「刑務所にいないといけないんじゃないの?」などとからかわれ、時には知らない人にまで「この人、チェ・スンシルだって」と陰口を言われることがあるという。

小学校の校長を務めるチェ・スンシルさんは、最近になって別の名への改名を真剣に考え始めている。

チェさんだけではない。大邱在住の就職活動生パク・クネさんは先月末に改名を済ませた。以前は改名を認めなかった両親も、履歴書に「パク・クネ」の名を書かせるのを忍びなく感じたのか改名を許してくれたそうだ。

市民の改名申請を受け付けるソウル西部地裁によると、改名申請は同地裁だけで1日に20件ほど受け付けられる。職員は、「チェ・スンシル」さんや崔被告の娘の名「チョン・ユラ」さんなど、今回の事件をきっかけとした改名申請が今後も続くだろうと話している。

この報道を受け、韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。

「実に十分な改名事由だ!」
「誰よりも苦労が多そうだね」
「『パク・クネ』という名を履歴書で見つけた瞬間にイメージまでもが…。名前が同じだとこんな苦労もあるんだな」

「パク・クネさんの改名はできるだけ早く認めてあげて」
「改名にかかる費用は崔順実に請求を」
「パク・クネさんは最悪だな。全国のパク・クネさんも頑張って」

「僕は同じチェという名字だけでイラついてる」
「パク・クネと申します。改名したくてたまりません…」
「何も聞かず、問い正しもせずに改名してあげてほしい」(翻訳・編集/吉金)