一般的なアイロン台は、こうした形状のものが多いかと思いますが、
「アイロン台を見るたびに、こんな風に見える」と、海外掲示板に投稿されたメッセージが共感を呼んでいました。

 

Well damn, I must be an ironing board then

[画像を見る]
「アイロンボードは昔はサーフボードだった。でも、あるとき夢を追いかけることをあきらめ、ちゃんとした職に就くことにしたボードだってこと」

やけに現実的で、なんだか切なくなります。

きっとアイロン台のような選択を強いられた人が、この世の中には大勢いることでしょう。

海外掲示板には、アイロン台にシンパシーを感じた人々が意見を寄せていました。

●オレらのほとんどは、最後はアイロン台になるんだ。

↑きっとオレらは夢を見過ぎなんだ。

●世知辛いな……。

●同じことを、普通のイスになるか王座になるかで考えてたよ。

↑学校のイスになるか、トイレの便座になるか。

↑便座はわが家じゃ最も栄誉ある地位だよ。

●誰が元サーフボードだって?

●なるほど、これがひどい投稿ってやつか。

●それは違う、そもそもサーフボードからスタートすることはないよ。

●トイレになるよりはアイロン台になりたい。

●これは笑えない。


夢を追うべきなのか、きちんとした職につくべきなのか、なかなか深い問題です。

【「アイロン台を見るたびに、こんなことを考えてしまう…」切ないと共感を呼んでいたメッセージ】を全て見る