連載「コンプレックス都市伝説」でおなじみのサカタルージさんが手がけた「カムカムロック」のイラスト

写真拡大

食事中、食べ物は何度もしっかり噛(か)む――「やらなきゃ」と分かっているけれど、忙しくてつい早食いになり、疎かにしてはいないだろうか。

東京都内で歯科医院を開業している春日芳彦さんは、長年小学校の校医を務めるなかで、子どもたちに「噛む」大切さを深く理解してもらおうと、「カムカムロック」というユニークな曲をつくり、広く活用してきた。2016年には「ユーチューブ」にオリジナルの動画を公開。春日さんに「カムカムロック」の取り組みを取材した。

都内の小学校で30年以上歌い継がれてきた

――「カムカムロック」を制作された経緯を教えてください。

春日 1985年以来今日まで、東京都江東区の区立数矢小学校で歯科校医を務めています。毎年6月の「歯の衛生週間」では朝の集会の場で、クイズを出したり保健委員会の児童に演劇をさせたりして、健康に関する教育活動をしてきましたが、児童たちと一緒に楽しめる歌があったらいいな、と思っていました。1998年に、校長や養護教諭の許可を得て、私が作詞作曲したのが「カムカムロック」です。歌も私が担当し、編曲はプロの音楽家で友人の平岩嘉信さんにお願いしました。バックコーラスは平岩さんの奥様です。

――今回、動画にして発表したねらいは何でしょうか。

春日 これまでは数矢小の児童たちと一緒に毎年歌ってきました。ときには弾き語りや、先生たちとのバンド演奏もしました。最近は曲のCDをかけて全校児童と歌っています。私としては、もっと多くのお子さんや教育関係者に曲を知ってもらいたいとの思いが強くなり、2016年、2種類の動画をユーチューブに公開したのです。それぞれ、イラストレーターのサカタルージさん、映像演出家の飯島章博さんにお願いして、広く一般の方々にインパクトをもたらす動画をつくっていただきました。

――曲では、噛む大切さを強調しています。歯科医の観点から、噛むことが子どもの成長や病気にどのような影響を与えているか教えてください。

春日 歯や口の健康と言えば、長年虫歯の予防、また最近は歯周病の予防が重視されています。しかし、子どもの成長期において食育やよく噛むこと、だ液の大切さにはあまり重きが置かれていないと私には思えました。口腔と歯、だ液は第一の消化器官であり、よく噛んで咀嚼(そしゃく)することが顎や顔、そして全身に及ぼすいい影響は、歯科医学や免疫学的な知見が徐々に増えつつあり、これからも増していくと思います。
なにより曲には、子どもたちが食事を楽しく喜んで、感謝の気持ちを持っていただくことができる感性豊かな人間に成長してほしいとの思いを込めました。

時間をかけて食事するのが難しい現代っ子

――歯科医として、最近はものをよく噛まない子が増えていると思いますか。

春日 現代っ子はとにかく忙しく、課外活動や塾、習い事とやらなければならないことがたくさんあって、のんびりと時間をかけて食事するのはなかなか難しくなっているように私には思えます。
父母が共働きという家庭が増え、朝食はとらず、夕食は高脂肪で口当たりの良い外食やファストフードで済ませてしまう子どもも増加しているようです。栄養士によってよく考えられた献立の学校給食の重要性は、ますます高まっているのではないでしょうか。

――「カムカムロック」を今後、どう広めていきたいですか。

春日 私は保護司として、10年以上活動しています。毎年7月初めに地域で行われる「社会を明るくする運動(社明運動)」の一環で開かれるミニ集会で、「カムカムロック」を活用しています。この集会は、保護司会と共に活動する更生保護女性会という団体が、家庭問題や非行問題などを考えるために主催し、小学校や幼稚園が会場となります。そこで、地域の人々や子どもの保護者を対象に、食育やよく噛むことの大切さを話す際に「カムカムロック」を参加者の皆さんに歌ってもらったり、曲のCDを無料で差し上げたりしています。
小学校では、校長や養護教諭といった学校側の代表者、保護者や児童の代表、学校医が出席する「保健委員会」が年に1、2回開かれます。小学校の教室で、講師を招いての講演会や、児童の健康増進のためのシンポジウムを開きます。私が保健委員会で講演をする際に、「カムカムロック」を利用しました。
また、2015年から園医を務める保育園「江東湾岸サテライトスマートナーサリースクール」の関係者にも、曲を保健指導の一助として低年齢児向けに利用していただいています。さらに当歯科医院では、院内で曲を流し、興味を持った人にCDを提供しています。
今後は全国的に、「カムカムロック」を必要とする教育・医療機関に向けて、著作権の問題をクリアした形でスムーズに曲をダウンロードしてもらえるように、現在インターネット配信の準備をしています。

春日芳彦さん略歴

東京都江東区の「かすが歯科医院」院長。1985年より、江東区立数矢小学校歯科校医を務める。98年に「カムカムロック」を作詞作曲し、2016年に動画として発表した。高校時代にフォークバンドで活動、大学生になるとドラムを始めるなど音楽経験を持つ。2004年には江東区保護司に就任。14年に学校歯科医30年勤続により江東区区政功労賞を受賞。