【箱根駅伝】マラソン界に与える影響とは?駒澤大学黄金期を支えた二人が語った最新事情

写真拡大

お正月の風物詩、箱根駅伝。正式名称は「東京箱根間往復大学駅伝競走」で1920年に初開催され来年で93回目を迎える。

【箱根駅伝】どんな選手が適任!? 駒澤大学黄金期を支えた二人に「2017年の期待」を聞いてみた

主催は関東学生陸上競技連盟ということなので実は関東ローカルの大会ではあるのだが、毎年のようにスター選手を輩出し、注目度もアップし、いまや国民的イベントに成長した箱根駅伝。

その一方で、ここ近年、世界で戦える選手を輩出できていないと言われている日本男子長距離界への影響も取りざたされている中、駒澤大学の初優勝に貢献(当時9区区間新記録樹立)し2001年エドモントン世界陸上マラソン日本代表にもなった西田隆維さん(以下:西田)と駒澤大学陸上競技部OBで駅伝主務だったM高史さん(以下:M)の2人に箱根駅伝が日本男子マラソン界に与える影響などを、聞いてみた。

箱根駅伝が日本のマラソン界にどんな影響を与えるのか?

■注目度の変化で下がるモチベーション!?

西田:僕はそんなに箱根駅伝に影響受けてないから(笑)。僕が入学する頃、駒澤大学は弱かったし、予選会からのスタートだったしね。それに仏教学部仏教学科を中心に考えていて、引退・卒業したらお坊さんになろうと思っていた。

でも、普通に走っていたら1年から箱根駅伝に出場できて、注目されるようになってきて、目標も変わって、3年のときにタレントになろうと思って、タレントになるために真剣に競技に取り組んだね。

今は箱根駅伝というコンテンツが大きくなって、ちやほやされる選手も増えて、本来持っていたはずの自分の目標・目的を見失っているのかもしれない。

僕が大学1年のとき、箱根駅伝に特に興味あったわけじゃないけど、箱根駅伝を走るってことになったら、取材もくるようになって、自分の中で何かが変わってしまうのではないかという感覚はあった。

箱根駅伝で自分を見失って、燃え尽きてしまう選手もいてもおかしくない。でも、本当に強い選手は今でもちゃんと箱根駅伝に関係なく自分を見失わずやっていると思うよ。

M:箱根駅伝の注目度ってすごくて、大学や選手によっては10社以上取材がきます。でも箱根駅伝よりも競技レベルの高いニューイヤー駅伝って取材にくるのは1社だったりと、大学生の頃より頑張っていたとしても、注目度が10分の1に下がってしまう。

それにより、実業団に入ってモチベーションが急に下がってしまう選手もたしかにいると思います。

指導法の改革が必要な時期なのかもしれない

西田:モチベーションって、指導者の影響も大きいと思う。箱根駅伝に限らず、選手のモチベーションの維持とか心のケアをできる指導者が減ったのかもしれない。

M:僕の頃、大八木監督は優勝した直後なのに叱られたことがありました。なぜ叱られたのか理由は忘れましたが、勝った瞬間に次の目標にチャレンジすることを意識づけるって意味があったのと思うのですが、燃え尽きさせないためにもそれは大切だなと感じています。

西田:子どもの教育も変わってきて、大学や実業団での指導法というのも変える必要があるのかもしれないね。個々の性格の違いや、どう育ってきた環境も違うから、昔よりも今の時代の方がチームの統制をとるのって難しいでしょうね。

M:さらに今は、インターネットやSNSも発達して、色々な情報も入ってきて、トレーニング方法に関しても、根性論より効率的に、科学的にという傾向が強くなってと思います。

西田:でも、先日の福岡国際マラソンで活躍した川内選手も50kmとか70kmとか走りこんでいたって話を聞くと、やはり、走り込むことでの脚作りってことは重要だと示したと思う。


効率性を求めることは悪いことじゃないけど、効率的にやろうとすると「逃げ」というものも入ってくる恐れがあると思う。「逃げ」というのは効率性を「楽に」ということとはき違えてしまうこと。

でも、そこで問われるのは自分自身で、本当に強くなるために、自分が何をすべきかということを、しっかり考えて行動に移せるかどうかが大事なんじゃないかな。

恵まれた環境が引き起こす弊害

M: 最近ではメンタルコーチを取り入れている大学もあって、専門のトレーナーや管理栄養士を入れて、指導の分業制というものが進んでいる流れがありますね。

それがいいかどうかは分からないけど、実業団に進んで、大学ほど恵まれていない感じることがあるという話を聞いたことがあります。

専用のグラウンドを持つ大学は多いけど、専用のグラウンドを持つ実業団はほとんどないですしね。大学では手を挙げればマネージャーが給水を走って持ってきてくれたけど、実業団ではそういうことはないという話も聞きました。

大学での競技環境が恵まれすぎているということが、実業団に進んだときの成長の妨げになっているのかもしれないですね。実際のレースでは給水が欲しいときに手を挙げても給水はないですからね(笑)

西田:たしかに、僕が大学の頃は、手を挙げても給水なんて持ってきてくれなかった。そんなに給水、給水っていう時代じゃなかったってのもあるけどね。

今の学生が置かれている環境がいいか悪いかって判断は難しいところなんだけど、これがなきゃダメ、あれがなきゃダメっていうようになってしまうのは、自分が何をどうやって目指しているのかっていう部分が見えなくなってきているということだと思う。

自分で必要だと思うものは、自分でその環境を手に入れるべきだし、当たり前のように環境が整えられているのは、競技に対して意識の低下を引き起こしている可能性はあるかなって思う。当たり前のことを当たり前じゃないって教えることってすごく難しいけどね。

犠牲を犠牲と思わない。我慢を我慢と思わない。

西田:箱根駅伝に真剣に取り組んでいる選手は多いでしょう。でも、遊ぶのを我慢、食べたいものを我慢、何かを犠牲にして競技に取り組んでいると考えてしまう選手は厳しいかなと思う。勝つため必要なことを当たり前と思ってできるかということが重要だと思う。

M:僕もそういう自立した選手であることは必要だと思います。

「東京オリンピックのマラソンで活躍したい!」という目標を掲げている選手は多いと思います けど、ただ、その目標を掲げるだけではなく、より具体的に何をしたらいいかということを考えられる選手でないと、達成することは難しいと思います。

西田:30km走った後に、休養せずに遊びに行ったっていいと思います。

でも、そのときに、「ウォーキングも兼ねて行こう!」って思って遊びに出掛けるのと、何か罪悪感というか引け目を感じながら遊びに出掛けるのというのでは、精神的にも身体的にも違うと思います。

プラスに考えて行動できるという能力も重要で、そういうのが余力や余裕につながっていくような気がする。そういう選手がたくさん出てくると、日本は強くなると思うなあ。

M:そうですね。この大会には将来の日本の陸上界を背負う逸材がたくさんいるわけですから。いろいろ話してると切がないですね。

「運営管理車から見た箱根駅伝」なんていうのも是非話したいです。どちらにしても来年1月2日、3日楽しみです!!

・・・・・

箱根駅伝が日本男子マラソン界に与えている影響は少なくないと感じる一方、本当に大切なことは選手自身の意識の高さと指導者の指導方法が大切だと感じた。

自国開催の2020年東京オリンピックに出場するとなったときの注目度とプレッシャーは計り知れない。箱根駅伝に否定的な話を聞くこともあるが、このとんでもなく注目度の高い箱根駅伝を軽く乗り越えていくことで、世界への道が開けるのではないかと思わずにはいられない。

箱根駅伝から世界に。2020年東京オリンピックにつながる箱根駅伝2017に注目を。

≪インタビュー≫

■西田隆維(にしだ たかゆき)
駒澤大学出身→S&B食品。箱根駅伝で駒澤大学の初優勝に貢献(当時9区区間新記録樹立)。2001年エドモントン世界陸上 マラソン日本代表。
現在は市民ランナー向けのランニングクラブNRC(NISHIDA RUNNING CLUB)の指導とマラソン大会などの企画・運営を中心に活動中。また、これまでの経験で学んだことを企業や学校で講演。


■M高史(えむ たかし)
ものまねアスリート芸人
駒澤大学陸上競技部OB(駅伝主務)。東京マラソン2017チャリティ・アンバサダー。自身考案の「ものまね体操」で保育園から高齢者施設まで訪問し続け るエンターテイナー。ものまね体操・英語版「ジャパササイズ」は8ヶ国後で翻訳され、スペインのテレビでも放送されるなど国内外から注目のエクササイズ。
オフィシャルブログ:M高史の日々精進!