男性から「こざかしい」と嫌がられてしまう女性の特徴

写真拡大



『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で話題となった「こざかしい」という言葉。そもそも「こざかしい」とは「利口ぶっていて差し出がましい」「生意気」「悪賢くて抜け目がない」という意味があるのだそう。もし好きな人からこのように思われていたら、やっぱりショックは大きいかも…。ではどのような女性が「こざかしい」と男性から敬遠されてしまうのでしょうか。20代男性にリサーチしてみました。

■1.自分の価値観を押し付けてくる

「周りの意見は全く聞かずに、自分の意見ばかりを押し通してくる人って面倒くさいな〜って思っちゃいます。」(25歳/営業)

たしかにみくりも就活地獄に陥る元カレ・シンジ君に対し、次々と「もっとこうしたほうが良いんじゃないかな」と冷静かつ合理的な分析をしていました。もちろんみくりは相手のことを思って言ったのですが、彼が望んでいたことはそんなことではなかったはず。自分が正しいと思ったことが、全て周囲に受け入れられるとは限りません。まずは相手の立場にたって、感情を読み取ることが大切でしょう。

■2.人によって態度を変える

「男のルックスや収入によって態度を変える女はこざかしいと思う!」(24歳/製造)

合コンなどでも相手がハイスペックだとわかった途端、コロッと態度を変える女性っていますよね。同性から見ても「この子あざといなぁ〜」と不快に思ってしまいます。それに男性だって「お金目当て」の女性は案外見抜いているもの。こざかしく立ち回ろうとしても、得るものは何もないかもしれません。

■3.都合の悪いことからは逃げようとする

「サークルのみんなで旅行にいくことになったんですが、ある女子が準備などを全部丸投げしてきた。もちろん旅行中も周りを手伝うそぶりは一切なし…。それなのに人一倍お酒を飲んで、周囲に迷惑をかけまくっていました。こういう女子ってずるいですよね…。」(22歳/大学生)

面倒なことからはそそくさと逃げる女性…。それでいて「おいしいとこ取り」だけしようとしていたら、男性が「ちょっとこざかしいかも…」と敬遠しちゃうのは当然でしょう。人と接していく上で、自分がやりたくないことが出てきてしまうのは仕方がないこと。それでも自ら率先して取り組むことで、男性からの株も上がるのではないでしょうか。

■4.何にでも「交換条件」をつけてくる

「『私が料理をしてあげる代わりに、○○君は部屋の掃除をしておいて』『○○君にバレンタインのチョコレートあげたら、ちゃんとお返しくれる?』など、毎回何かにつけて『交換条件』を出してきた元カノ。最初はしっかりしていて良いと思ったけれど、だんだん『俺って本当に愛されているのかな…?』と疑問を感じるようになりました。」(27歳/印刷)

「絶対に損だけはしたくない」というこの考えかたは、まさに「抜け目ない」という言葉がピッタリ!自分にそのつもりがなくても、「ケチくさい」「こざかしい」と思われてしまってもしかたがないでしょう。彼のことが本当に好きなのであれば、たまには損得にとらわれない「小さなサプライズ」を仕掛けてみても良いかも。

■おわりに

自分を前面に出しすぎている言動が、「こざかしさ」を浮き彫りにしてしまう要因なのかも…。男性の気持ちもふまえた上で、自分本位な考えは封印するようにしましょう!(和/ライター)

(ハウコレ編集部)(小南光司/モデル)(柳内良仁/カメラマン)