(写真左から)「ドラえもんのひみつ道具 ミニドラえもん」、「ドラえもん」、「ドラミちゃん」

写真拡大

玩具メーカーで食玩や菓子、食品も手がけるバンダイは、2016年12月30・31日の2日間、ドラえもんをモチーフにした和菓子「食べマス ドラえもん」を、全国のイオングループ店にて発売する。ラインナップは、カスタード餡(あん)入りの「ドラえもん」、ミルク餡入りの「ドラえもんのひみつ道具 ミニドラえもん」、メロン風味餡入りの「ドラミちゃん」の全3種。1パック1個入りで、希望小売価格は260円(税抜)。

食べるのがもったいないほど精巧

「食べマス」は、「食べられるマスコット」の略称を冠したキャラクター和菓子のシリーズだ。餡、砂糖、餅粉などを練った生地で形作られた和菓子の「練りきり」を用いて、キャラクターの特徴を表現している。「食べマス ドラえもん」は、3キャラクターの姿かたちを全長約40mmで再現。首元の鈴、四次元ポケットやドラミちゃんのリボンの細部まで、手の込んだ細工で表現している。にっこりと微笑みこちらを見上げる表情は、食べるのがもったいなくなるほどのかわいさだ。

「食べマス ドラえもん」の商品化は今回が初めてではない。16年4月30日〜5月5日、バンダイは「ドラえもん」と「ドラえもんのひみつ道具 ミニドラえもん」を先行販売した。客の評判が上々だったことから、「ドラミちゃん」を新たに加えて年末の目玉商品として売り出す。

販売店は次の通り。全国のイオン(沖縄を除く)、ダイエー、マルナカ、KOHYO、マックスバリュ(北海道・東北・関東・東海・中部・北陸・西日本)、イオンスーパーセンターの和菓子売り場。先述の通り販売期間は2016年12月30日〜12月31日。ただし石川県のイオン7店舗と富山県の同4店舗は1月1日のみ。

ところで「ドラえもん」のアニメは年末年始恒例のテレビ番組でもある。12月31日16時30分から「おおみそかだよ!ドラえもん1時間スペシャル」がテレビ朝日系で放送される。家族みんなでテレビを楽しみながら、「食べマス ドラえもん」を一緒に味わうのも悪くない。