『Empire 成功の代償』

写真拡大

2016〜2017年の秋からの放送シーズンが終了したことを受け、米TV Lineが主要5局(ABC、CBS、FOX、NBC、CW)の局ごとの全米視聴率ランキングをまとめている。この数字(レーティング)は、初回放送時と同日中に記録した数字の平均値。FOXのランキングは以下の通り。

1位 『Empire 成功の代償』...3.4レーティング
2位 『シンプソンズ』...2.0レーティング
3位 『リーサル・ウェポン』...1.8レーティング
4位 『ファミリー・ガイ』...1.5レーティング
5位 『Son Of Zorn』...1.3レーティング
6位 『Bob's Burgers』...1.2レーティング
7位 『GOTHAM/ゴッサム』...1.1レーティング
7位 『LUCIFER/ルシファー』...1.1レーティング
9位 『New Girl 〜ダサかわ女子と三銃士』...1.0レーティング
9位 『ヘルズ・キッチン〜地獄の厨房』...1.0レーティング
9位 『The Last Man On Earth』...1.0レーティング
9位 『Brooklyn Nine-Nine』...1.0レーティング
13位 『ローズウッド 〜マイアミ私立検視ラボ』...0.8レーティング
13位 『Pitch』...0.8レーティング
15位 『The Exorcist』...0.7レーティング
16位 『スクリーム・クイーンズ』...0.6レーティング

シーズン3に突入した『Empire 成功の代償』が2位以下を大きく引き離してトップに。CBSの2位『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』と同じ3.4レーティングと、脚本を伴うドラマシリーズとしては5局を通して最高の数字をマークしている。また、次点の『シンプソンズ』をはじめとしたアニメーション番組も好調で、『ファミリー・ガイ』と『Bob's Burgers』のほか、実写とアニメーションが組み合わさった新作コメディ『Son Of Zorn』が上位を占めた。

FOXではコメディものが強く、前述したアニメーション番組以外にも、日本でも人気の『New Girl 〜ダサかわ女子と三銃士』、悪魔が主人公のブラックコメディ『LUCIFER/ルシファー』、地球に唯一(?)生き残った男性が好き勝手に暮らす『The Last Man On Earth』がトップ10入り。そんな中、バットマンの前日譚を描くサスペンスドラマ『GOTHAM/ゴッサム』が7位と異彩を放っている。

次回はNBCのランキングをお伝えするのでお楽しみに。(海外ドラマNAVI)