几帳面な性格の主人公になりきった (C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
ALL RIGHTS RESERVED

写真拡大

 「アルゴ」のベン・アフレックが無敵の暗殺術を誇る会計士に扮し、「ピッチ・パーフェクト」シリーズのアナ・ケンドリック、「セッション」のJ・K・シモンズと共演したサスペンスアクション「ザ・コンサルタント」の本編映像が、公開された。

 超人的な数学的頭脳と殺しのテクニックを駆使して闇社会を渡り歩き、非合法な組織の“財務係”を務めるクリスチャン・ウルフ(アフレック)。世間の目をくらますために善良な会計士として過ごしていたウルフは、“表の仕事”として引き受けたロボット工学会社の財務調査で重大な不正を見つけたことから何者かに命を狙われ、生死をかけたバトルに身を投じていく。

 本編映像では、ウルフが頭脳をフル回転し、15年分の財務調査をたった1日で終わらせる見せ場を切り取っている。几帳面なウルフは、赤と黒のマーカーを6本ずつ机に並べて両手の指に息を吹きかけると、猛然と机に向かってまたたく間に作業を終わらせていく。ホワイトボードだけでは追いつかず、窓にまで猛烈な勢いで数字を書いていくなど、人並みはずれた驚異的な集中力を見せるさまが映し出される。アフレックが、抑制のきいた演技とメリハリのある動きで機械のように正確に作業をこなすウルフになりきっている。

 アフレックは「僕が演じていて1番素晴らしいと思ったのは、数学が得意という錯覚だよ。数式を書くシーンは、実はギャビン(・オコナー監督)が数字を叫んでいて、僕がそれをひたすらに書いているんだ。4、6……とね(笑)」と役どころとのギャップを明かしている。対するオコナー監督は「数学に対するウルフの才能は天賦(てんぷ)のものであり、彼の体格は独特な育ち方の産物なんだ……」とミステリアスなウルフの“過去”をにおわせる発言をしている。

 「ザ・コンサルタント」は、2017年1月21日から全国公開。