離婚したとき、住宅ローンが残っていたら?

写真拡大

離婚――結婚している方なら、一度や二度、脳裏をかすめた経験があるという方は少なくないでしょう。

離婚となれば結婚後に築いた資産を財産分与という形で分け合うことになりますが、その際、特に大きな問題になるのが、住宅ローンです。男性は窮地に立たされることも少なくありません。

住宅ローンは、自宅の資産価値(時価)よりローンの残高が少ない「アンダーローン」と、資産価値よりローン残高のほうが多い「オーバーローン」に分けられます。

アンダーローンなら、自宅を売却してローンを完済し、残ったお金を2人で分けるなど、穏やかな選択肢がありますが、オーバーローンは大変。売ってもローンを返し切れませんから、足りない分のお金を用意しなければ、売却は不可能です。

子供の生活環境を変えたくないなどの理由で妻と子供が住み続けることも多いですが、多くは夫名義でローンを組んでおり、離婚後も夫が返済しなければなりません。専業主婦なら、ローンの名義を夫から妻に変更するのは困難で、夫に返済義務が残るのです。

この場合、夫は自分が新たに住む家の家賃を払いながら、別れた妻のためにローンを返済することになり、経済的にも、精神的にもきついといえます。妻側からすれば、返済が滞ると大変ですから、離婚時に公正証書を作成し、返済が滞った場合は給与や資産を差し押さえるという取り決めをするケースもあります。そうなれば逃げ切れませんし、万が一の場合は勤務先にも知られることになります。

また、最近の相談で増えているのが妻の実家の近くに家を買ったものの、離婚してしまうというケースです。多くの場合、妻は子供を連れて実家に戻り、残った家には夫が住むことになります。妻子がいなくなった家に夫一人でぽつんと暮らすのは相当辛いでしょう。実家が近いゆえ、妻子とばったり出くわすのが嫌で外出しなくなった、隣近所から同情されている気がする……、などと話す方もいます。あまりの辛さから、売却価格とローン残高の不足分を高金利のフリーローンで賄い、自宅売却に踏み切る人もいます。

ローンが残った状態で売却する「任意売却」という方法もありますが、金融機関の承諾が必要ですし、残ったローンは返し続けなければなりません。ほとんどの場合はブラックリストに載ります。

では、こういった事態に陥らないようにするにはどうすればいいか。危険なのはオーバーローンですから、住宅ローンがどれだけ残っているか、自宅はどのくらいで売却できそうか、周辺相場などから探ってみてください。オーバーローンなら、繰り上げ返済でローンを減らす、貯蓄を増やしておく、などの対策が必要です。これから買うなら、頭金を2〜3割程度用意し、借入額を抑えるのが理想的です。

そして、もしも窮地に追い込まれた場合でも、思い詰めたり、悲しい決断をしたりする必要はありません。債務整理などなんらかの方法はありますから、一人で背負わず、専門家などに相談しましょう。

そもそも離婚しなければ問題は起きないわけですから、夫婦円満をキープする努力も忘れずに。DV、浮気など、明らかな非があると不利な立場に追い込まれます。妻から離婚を切り出されて青天の霹靂、という人も少なくないので、円満と思っているのは自分だけ、ということのないようお気をつけください。

(不動産コンサルタント 高橋愛子 構成=高橋晴美)