江戸を舞台にした喜劇「江戸小路人情喜劇」は、3日間開催

写真拡大

1月1日(日・祝)〜3日(火)、羽田空港国際線旅客ターミナルにて「新春はねだ江戸まつり2017」を開催。江戸時代をテーマにした、さまざまな新春イベントが行われる。

【写真を見る】参加型イベント「尋ね人を探せ!」では、会場内のヒントをもとに尋ね人を探し出すと「のぼり旗ストラップ」がもらえる

■ 絢爛豪華な大名行列が練り歩く

大名行列を現代風にアレンジした「EDO大名行列」と、日替わりで楽しめるステージイベントをメインに多彩な企画が繰り広げられる。徳川家康を先頭に、華やかに舞を踊る芸者や、勇ましい武将などが練り歩く大名行列は迫力満点。江戸を舞台にしたステージイベントでは、忍者の猿飛佐助が活躍する江戸小路人情喜劇や、賑やかな音楽に合わせて演者がダンスを披露する町民総踊りが展開される。

また、「はねだのグルメ」が無料で食べられる「はねだグルメ無料振る舞い」も見逃せない。「TOKYO POP TOWN」館内の6店舗が参加しており、1月1日(日・祝)には甘味処・梅園の「おしるこ」、2日(月・祝)は和食・日本橋だし場の「桜えびのだし炊込みおむすび」、3日(火)にはあんぱんでおなじみの銀座木村屋の「酒種 櫻 あんぱん」などが数量限定で振る舞われる。

ほかにも、着物や和傘などの小道具を使って戦国武将や忍者に変身する「なりきり写真小撮影コーナー」や、はねだ江戸まつりオリジナルの「采配(さいはい)」や「兜」を作れる「武将なりきり制作体験」、獅子舞や大道芸人たちのパフォーマンスなど、親子で楽しめるイベントが目白押しだ。

江戸時代にタイムスリップしたような体験ができる羽田空港で、いつもと違ったお正月を過ごしてみては?【東京ウォーカー/和田麻里】