自動車タイヤ大手の横浜ゴムは、サーキット走行などで自動車のボディ剛性を向上させたいユーザーのための補強パーツとして、自動車窓ガラス用高弾性接着剤「Hamatite Hyper Sealant(ハマタイト・ハイパー・シーラント)」を、12月下旬から発売すると発表しました。

1

「Hamatite Hyper Sealant」は、高強度ポリマーと特殊添加剤を独自ブレンドしたことで、接着剤が硬化した後の弾性を高めたことが特徴。下の画像は同社のHPに掲載されている自動車用接着剤ハマタイトのロゴマークです。

この「Hamatite Hyper Sealant」を使用して自動車のフロント、リアガラスを車体の窓枠に接着すると、車体の大開口部にはめ込まれている窓ガラス自体がボディの補強パーツとして働き、サーキット走行のようにボディが大きな力で捻れる時にボディの変形を抑制。走行安定性、操舵性を向上させることができます。

横浜ゴムによると、同社のタイヤテストコース「D-PARC」でレーシングドライバーが行った官能評価では、「ボディのしなりが減少した」「足回りの動きがスムーズになった」など、ボディ剛性アップを裏付ける評価が得られたとのこと。車体の大開口部に取り付けられているフロント・リアガラスをボディに高剛性の接着剤で強固に固定することの効果は大きいようです。

なお、同社は自動車窓ガラス用高弾性接着剤を一昨年の「東京オートサロン2015」で参考出品しており、この商品は同製品を一般販売化したものと見られます。なお、販売は自動車チューニングショップを通じて行なわれます。

横浜ゴムというと、タイヤメーカーというイメージが強いのですが、同社は40年以上にわたり自動車メーカーへ窓ガラス用接着剤を販売しています。上の画像は同社のHPに掲載されている自動車用接着剤が使用されている箇所を示す画像です。

この画像からも分かるように、横浜ゴムは自動車用接着剤の国内トップメーカーとして、車両のいろいろな箇所に使われている接着剤のサプライヤーでもあるのです。横浜ゴムの自動車用接着剤メーカーとしての側面にも注目です。

(山内 博・画像:横浜ゴム)

【関連記事】

横浜ゴムはタイヤだけでじゃく、ガラス用高剛性接着剤にも注目!【東京オートサロン2015】
http://clicccar.com/2015/01/10/286844/

横浜ゴム、ボディ剛性を高める自動車窓ガラス用高弾性接着剤「Hamatite Hyper Sealant」を新発売(http://clicccar.com/2016/12/29/429935/)