ナプキン、おなら、大…… 彼氏の家で困るトイレ問題・6つ

写真拡大

冬は彼と「家デート」を楽しむのもオススメです。まったりとリラックスして、お互いの好きなことをして過ごせたら、いいですよね。とはいえ、限られた空間で二人が密着して過ごす「家デート」では、ならではの心配点もあるもので……。女子として、できれば彼に悟られたくない「トイレ」や「オナラ」問題について、過去に困ったこと、恥ずかしいと思った経験談を教えてもらいました。

■音問題

・「音が響かないかどうか心配だった」(33歳/不動産/専門職)

・「ワンルームとかだと、音が聞こえてしまうこと」(26歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

外のトイレであれば「音姫」が設置されていることも多いですが、個人宅ではまだまだ見かけません。トイレとリビング空間の距離が近いワンルームタイプのマンションの場合、テレビなどの音でごまかすしかないでしょう。

■タイミング

・「どのタイミングでトイレに行こうかとても迷う」(22歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「トイレに行きたいと言えず、ずーっと我慢してしまって、トイレのことばかり考えてしまっていた」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

本当はおトイレに行きたいけれど……! 付き合ってすぐの場合、恥じらう気持ちから、タイミングがつかめないケースもあるようです。さっと立ち上がって「お手洗い」と言えばいいだけなのですが、女子にとってはそれが難しいですよね。

■大ができない……

・「大は行きにくいので、わざわざ近所のコンビニまで行った」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「大がしたくなったが、音がするのを恐れてできなかった。その後、お腹が痛くなって困った」(30歳/その他/販売職・サービス系)

するだけなら「小」の場合と変わらなくても、後に残る「ニオイ」の問題があります……! 消臭スプレーを用意しておくのもアリですが、緊急時には外に脱出するのもアリ!? 我慢し過ぎると体に毒なので、注意してください。

■オナラ問題

・「お腹にガスが溜まって苦しかった」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「テレビを消したとたんにオナラが出そうになった。我慢してトイレに行った」(29歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

ふとした瞬間にやってくるのが、「オナラ」です。音とニオイ、ダブルの問題で女子の心を悩ませてきます。女子のオナラに幻滅する男性もいるでしょうから、できるだけトイレでそっとするのがベストです。

■生理について

・「生理中で生理用品を捨てたいんだけど、ゴミ袋を持って来てなくてどうすればいいか困った、男性一人暮らしの家にそういうのを捨てる場所もないし、『袋ちょうだい』って言うしかないから、ちょっと恥ずかしい」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

・「生理中なので、ゴミの処理やニオイが気になった」(35歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

女子にとって悩ましいのが、こちら。「生理」についてのアレコレです。ニオイや汚れ、タイミングなど……生理中の体調で考えるのは、厳しい点もあるでしょう。多い時期には、思い切ってデートを断ってもいいかもしれませんね。

■やっちゃった……!

・「音をしないようにと思ったのにぶーとオナラ」(33歳/不動産/事務系専門職)

・「くさいオナラをしてしまった!!」(28歳/電力・ガス・石油/営業職)

気を付けていたつもりなのに……! 人間ですから、こんな失敗だってあるでしょう。お互いに目くじらを立てるのではなく、広い心で許し合えたら、より絆も深まるのではないでしょうか。

■まとめ

家デートでのみんなの苦労エピソードはいかがでしたか? 「トイレ」や「オナラ」に関する問題では、失敗も付き物だと言えそうですね。お互いのそんな姿も楽しめるようになってからが、「家デート」の魅力を満喫できる時期なのでしょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数97件(22歳〜36歳の働く女性)