メタノール入りの入浴剤1ボトル25mlがウオッカの半値(Akimov Igor / Shutterstock.com)

写真拡大

 ロシアのシベリア地方にあるイルクーツクで、サンザシ(山査子)の香りがすると表示されたメタノールを使用した入浴剤を酒代わり飲んだ49名が死亡したという(時事=AFP12月20日付)。

 入浴剤は1ボトル25mlが40ルーブル(日本円で約76円)と、ウオッカの半値で購入でき、かねてより貧困層を中心に飲酒(?)の習慣が浸透していたそうだ。また入浴剤のみならず、化粧品として売られているメタノール入り製品を飲んでいたケースも多数あったとのことだ。

 事態を重視したロシアの首相は、メタノールが含まれているこれらの製品が安易に販売されている状況に対して厳しい対応を求めた。
 
戦後日本でもメタノール入りの酒で1000名以上が死亡

 メタノールは工業用品の溶媒やアルコールランプの燃料、洗浄剤、農薬、ウインドーウオッシャー液などに広く用いられている。中毒量は、わずか20ml程度の服用で、もし無治療であれば失明する恐れが大きく、致死量は80ml以上とされる。

 飲用後、数時間は吐き気、嘔吐、腹痛などの消化器症状が中心で、酩酊、傾眠傾向となる。6時間後程度で目がかすむ、昏睡、呼吸苦などが出現する。重篤な場合は失明の危険がある。

 諸外国では、過去にイタリアやインドネシアで、ワインに入っていたメタノールにより多数の死亡例を出しており、ケニアでも同じくメタノールの入った密造酒により100名以上の死者を出した事件があった。わが国でも、終戦後、メタノール入りの酒が販売され、1000名以上の死亡し、失明した人も数多く発生した。

 以上のように、エタノールの代わりにメタノールが混入された酒類を飲んでの惨事が報告されたが、近年ではロシアで起こったようなケースは非常に少なくなっている。
実際に診察した急性メタノール中毒による自殺未遂の事例

 しかし、自殺目的でメタノールを飲用する症例は、依然として散見される。

 飲用後、数時間は激烈な症状を伴わない例も認められるが、その後の失明や、呼吸器や循環器への症状が重篤だ。治療法方法は、推定メタノール血中濃度が40mg/dl以上であれば、積極的に血液透析を行うのが効果的である。つまり、早期にメタノールを体外に排泄させることが肝要なのである。

 10年ほど前に、ウインドーウオッシャー液を飲んで自殺を試みた30歳代のサラリーマンの男性を診察したことがある。彼は、数カ月前より職場の上司や同僚との折り合いが悪化し、さらに妻との不和なども重なり落ち込んでいた。

 自宅で一人になった時、事前に購入していたウインドーウオッシャー液(100ml)を飲んで自殺を図った。次第に嘔気、腹痛、頭痛を訴え、約2時間後に妻が外出より帰宅した際、ウインドーウオッシャー液を飲んだことを伝えた。

 3時間後に救急搬送され、来院時、メタノールを飲んだことが確定したため、推定血中濃度を測定。その数値は、65mg/dlと高値であった。即座に胃洗浄を行い、その後、血液透析を5時間行った。終了後の濃度は7.5mg/dlと著明に減少した。

 幸い視力低下などの眼症状はなく、患者は4日後に退院することができた。

 メタノールの危険性はまだまだ広く認識されていない。
 
 
横山隆(よこやま・たかし)
みむら会透析クリニック(日本中毒学会評議員:クリニカルトキシコロジスト) 、日本腎臓学会および日本透析学会専門医、指導医。
1977年札幌医科大学卒、青森県立病院、国立西札幌病院、東京女子医科大学腎臓病総合医療センター助手、札幌徳洲会病院腎臓内科部長、札幌東徳洲会病院腎臓内科・血液浄化センター長などを経て、2014年より札幌中央病院腎臓内科・透析センター長、2015年8月に同病院退職。現在、みむら会クリニック所属。
専門領域:急性薬物中毒患者の治療特に急性血液浄化療法、透析療法および急性、慢性腎臓病患者の治療。 
所属学会:日本中毒学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本内科学会、日本小児科学会、日本アフェレシス学会、日本急性血液浄化学会、国際腎臓学会、米国腎臓学会、欧州透析移植学会など

連載「恐ろしい危険ドラッグ中毒」バックナンバー