毛沢東の大躍進政策・文革で5000万人が死に追いやられた(写真:アフロ)

写真拡大

 一口に独裁者と言っても、時代によっていくつかの特徴がある。古代や中世では、ローマ帝国第5代皇帝・ネロ(37年〜68年)や隋朝第2代皇帝・煬帝(569年〜618年)のように淫蕩ぶりが有名な独裁者が多い。

 たとえばネロは、正妻を不義・姦通の罪で自害させた一方で、自身は母親、既婚女性はおろか、少年、巫女まで性の対象にしていた。煬帝の場合は、父・文帝に死んだ日に目をつけていた父の寵姫を抱いたほか、乗客が手足を動かせない仕掛けのクルマに処女を乗せてはその都度行為に及んだという。

 それが近現代になると、残虐行為で多数の犠牲者を出す独裁者が増える。

 ソヴィエト連邦第2台最高指導者のヨシフ・スターリン(1878年〜1953年)は自分に批判的な人間を「人民の敵」とし大粛清を行い、全国各地に処刑人数の「ノルマ」を課し、処刑された国民は100万人以上とも言われる。農民から家畜や農具を没収し、集団農場で労働させ収穫もすべて徴収、抵抗者は逮捕するなどしたため数百万人の餓死者を生み食人も発生した5か年計画に、スターリンは「ひとりの人間の死は悲劇だが、数百万の人間の死は統計上の数字でしかない」と言い放った。

 カンボジア(民主カンボジア)首相だったポル・ポト(1928年〜1998年)は反抗を恐れ教師、医師、技術者など成人の知識層を中心に200万人以上処刑した。眼鏡をかけていることで文字が読める=教養があるとして殺害された者もいた。その結果、カンボジア国民の8割以上が14歳以下に。処刑で大半の医師が姿を消したため、医学知識のない「子供医師」が登場する事態になった。

 最も自国民を殺したとされる中華人民共和国初代国家主席・毛沢東(1893年〜1976年)は大躍進政策で5000万人もの餓死者を出した。というのも、大躍進政策の4害駆除運動(蝿、蚊、鼠、雀)では雀を大量に駆除したことでかえって害虫が大量発生し農業に大打撃を与え、にも関わらず強烈なノルマを強いたことで逆効果になったからだ。

 復権を狙った文化大革命では、貴重な文献や工芸品のほか、寺院や歴史的文化遺産が徹底的に破壊された。文化破壊のみならず、チベットなどへの弾圧を行い反対勢力を粛清し、被害者は数百万人を超えた。

 ほかにも邸宅から政敵たちの生首が発見され“食人大統領”とも呼ばれたウガンダの第3代大統領イディ・アミン(1925年〜2003年)は30万人を虐殺した。いずれも「理想の実現」を目指して起こされた惨劇であり、近代の独裁の特徴だ。

 ドイツ国総統のアドルフ・ヒトラー(1889年〜1945年)は、他と同様に理想を掲げつつ類を見ない特徴を持つ。歴史作家の島崎晋氏は「特定の人種や社会的弱者を排斥の対象にしたうえで、『最終的解決』という言葉を使って大量殺戮を実行に移してしまったことは特異です」と指摘する。結果、人類にとって許されざる大罪を犯した。

 ただ、どんな凶悪な独裁者でも、治世初期においては「まとも」とされた者が多かった。第一次大戦後のドイツを建て直したヒトラーの経済政策は評価されることがある。

 たとえ良君であっても凶悪な独裁者になる可能性は否めない。現代の為政者たちはどうだろうか。

※SAPIO2017年1月号