trend_20161228164859.jpg

写真拡大 (全2枚)

富士フイルムは2016年12月29日、年末年始の恒例となったCM「お正月を写そう」シリーズの「ましかくん登場」編の放送を開始する。

フジカラー写真店の店長役として女優の広瀬すずさん、名物キャラクター「綾小路さゆり」として女優の樹木希林さんが出演し、初登場のマスコットキャラクター「ましかくん」とともにユーモアあふれる掛け合いを披露している。

広瀬さん「っていうか綾小路さん?」

広瀬さんと樹木さん、「ましかくん」がCMで紹介するのは、スマホで撮影した写真を正方形の形で印刷する機能「ましかくプリント」だ。

舞台はフジカラー写真店の店先から始まる。店長の広瀬さんが店先で、正月らしい和装に身を装ったカップル客に「今年はましかくがくるんです!」と語りかけると、「やっぱり!」と同意する声が聞こえた。

「誰ですか?」と振り向くと、店の出入り口にはシカの着ぐるみが立っていた。「ましかくんと申します」。その名の通り、目鼻から手足に至るまで、すべてのパーツが正方形の形をしている。

ましかくんは「ここんとこ、妙にウケちゃって」と明かし、街中などで声をかけられるようになったと言う。それを聞いた広瀬さんは「だから写真もましかくプリント!」とカップル客に主張し、ましかくプリントの販売に成功した。

2人が去った後、広瀬さんはましかくんに「っていうか綾小路さん?」と問いかける。着ぐるみを脱ぐと、現れたのは樹木希林さん演じる綾小路さゆりさんだった。広瀬さんが「なんで?」と言うと、綾小路さんは「なんでもやるんです、ずっと前から」と答えた。

正月は「こたつでぬくぬくしたい」

CM撮影後、広瀬さんと樹木さんにCMの見所をたずねた。樹木さんは「今回は何といっても"ましかくん"ですね。ましかくんがいることによって私がきれいだなってことが分かった気がします。すずちゃんとだとあまり感じられないので(笑)」と話し、広瀬さんは「今までのシリーズとちょっと違った雰囲気もあるので、その辺りを楽しんで頂きたいです」と強調した。

2017年の正月は、どう過ごすのか。広瀬さんが「餅つきなどの王道なことをしてみたいですね。その一方で、こたつでぬくぬくしていたいという気持ちもあります」と言うと、樹木さんは「いくら若くても、疲れちゃいますよね。私なんか、ずーっと寝てるもの。こたつでお酒を飲んで、うたた寝するって最高よ」と語っていた。