28日、仏経済紙ラ・トリビューン(電子版)はこのほど、中国の最新の第5世代ステルス戦闘機「FC31鶻鷹」が、対抗機である米戦闘機F35の半分程度の価格で海外市場の征服を目指していると伝えた。写真は殲31(J31)。

写真拡大

2016年12月28日、環球網によると、仏経済紙ラ・トリビューン(電子版)は26日、中国の最新の第5世代ステルス戦闘機「FC31鶻鷹」が、対抗機である米戦闘機F35の半分程度の価格で海外市場の征服を目指していると伝えた。

中国メディアによると、これまで「殲31(J31)」と呼ばれていた「FC31鶻鷹」の最新版の初めての試験飛行が23日、瀋陽で行われた。この最新型機は中国の国有企業・中国航空工業集団によって開発されている。

中国空軍の専門家は市場での見通しは良いとの認識を示している。この専門家は「FC31の価格は7000万ドル(約82億円)程度になるとみている。欧州共同開発戦闘機のユーロファイター・タイフーンや仏ダッソー社のラファールは約1億ドル(約117億円)で販売されている。米ロッキード・マーティン社のF35と比べれば、約半分の価格だ」と述べた。

FC31の最大離陸重量は28トン、戦闘半径は1250キロメートル、最高速度は音速の1.8倍のマッハ1.8。最大で8トンの兵器類を搭載でき、6基のミサイルを内部武器庫に、さらに6基を翼の下に搭載することができるという。(翻訳・編集/柳川)