巨星墜つ…デヴィッド・ボウイ
 - Jo Hale / Getty Images

写真拡大

 1月からデヴィッド・ボウイの訃報が世界中を駆け巡った2016年。アカデミー賞の授賞式では前年に亡くなった映画人を追悼するコーナー「In Memoriam」が設けられているが、2017年2月26日(現地時間)に開催される授賞式に先駆け、映画界を中心に今年この世を去った偉大な人々を振り返ってみた。(編集部・吉田唯)

【1月】
・ヴィルモス・ジグモンド(85)撮影監督 『未知との遭遇』『ディア・ハンター』
・ジェイソン・ウィングリーン(95)俳優 『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』
・デヴィッド・ボウイ(69)ミュージシャン、俳優 『地球に落ちて来た男』『戦場のメリークリスマス 』
・デヴィッド・マーグリーズ(78)俳優 『ゴーストバスターズ』シリーズ
・アラン・リックマン(69)俳優 『ハリー・ポッター』シリーズ、『ダイ・ハード』
・中村梅之助(85)歌舞伎俳優 「花神」『新選組』
・エットレ・スコーラ(84)監督 『特別な一日』『ル・バル』
・エイブ・ヴィゴダ(94)俳優 『ゴッドファーザー』
・ジャック・リヴェット(87)監督、脚本家、批評家 『美しき諍い女(いさかいめ)』
・フランク・フィンレイ(89)俳優 『オセロ』『三銃士』

【2月】
・韮沢靖(52)原型師・デザイナー 「仮面ライダー剣(ブレイド)」『ゴジラ FINAL WARS』
・ジョージ・ゲインズ(98)俳優 『ポリスアカデミー』シリーズ
・アンジェイ・ズラウスキ(75)監督 『ポゼッション』
・ダグラス・スローカム(103)撮影監督 『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』
・トニー・バートン(78)俳優 『ロッキー』シリーズ
・ジョージ・ケネディ(91)俳優 『暴力脱獄』『裸の銃(ガン)を持つ男』シリーズ

【3月】
・寺田緑郎(52)撮影監督 『はなちゃんのみそ汁』『舞妓はレディ』
・トニー・ダイソン(68)特殊効果デザイナー 『スター・ウォーズ』シリーズ
・リチャード・ダヴァロス(85)俳優 『エデンの東』
・ケン・アダム(95)プロダクションデザイナー 『博士の異常な愛情』『007は二度死ぬ』
・出目昌伸(83)監督 『天国の駅 HEAVEN STATION』『玄海つれづれ節』
・リタ・ガム(88)女優 『コールガール』『ハンニバル』
・ケン・ハワード(71)俳優 『フィクサー』『ランボー 最後の戦場』
・パティ・デューク(69)女優 『奇跡の人』

【4月】
・エリック・バウアーズフェルド(93)ラジオドラマ作家、声優 『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』
・和田光司(42)歌手 「デジモンアドベンチャー」『デジモンテイマーズ/暴走デジモン特急』(主題歌)
・大平透(86)声優 「笑ゥせぇるすまん」『スター・ウォーズ』シリーズ(吹き替え)
・ロッド・ダニエル(73)監督 『ティーン・ウルフ』「ホーム・アローン4」
・大川久男(88)脚本家 「アルプスの少女ハイジ」『赤い夕陽の渡り鳥』
・プリンス(57)歌手 『プリンス/パープル・レイン』
・ガイ・ハミルトン(93)監督 『007/死ぬのは奴らだ』『007/ゴールドフィンガー』
・前田健(44)お笑いタレント 『それでも花は咲いていく』

【5月】
・マドレーヌ・ルボー(92)女優 『カサブランカ』『殿方ご免遊ばせ』
・新屋英子(87)女優 『ジョゼと虎と魚たち』「身世打鈴(シンセタリョン)」
・冨田勲(84)作曲家、シンセサイザー奏者 『母べえ』「リボンの騎士」
・蜷川幸雄(80)演出家、監督 『蛇にピアス』「NINAGAWAマクベス」
・二木真希子(58)アニメーター 『天空の城ラピュタ』『千と千尋の神隠し』
・水谷優子(51)声優 「ちびまる子ちゃん」『ブラック・ジャック ふたりの黒い医者』
・伊藤ユミ(75)歌手(ザ・ピーナッツ) 『モスラ』『私と私』
・アレクサンドル・アストリュック(92)監督、脚本家、批評家 『恋ざんげ』『女の一生』
・バート・クウォーク(85)俳優 『ピンクパンサー』シリーズ

【6月】
・ピーター・シェイファー(90)劇作家 『エクウス』『アマデウス』(原作/脚本)
・テレサ・サルダナ(61)女優 『レイジング・ブル』『抱きしめたい』
・白川由美(79)女優 「家政婦のミタ」『サザエさん』シリーズ
・中川梨絵(67)女優 『乱れ雲』『OL日記 牝猫の情事』
・曽根晴美(78)俳優、映画プロデューサー 「キイハンター」『仁義なき戦い』シリーズ
・アントン・イェルチン(27)俳優 『ターミネーター4』『スター・トレック』シリーズ
・瀬川昌治(90)監督 『喜劇 急行列車』ほか列車シリーズ

【7月】
・マイケル・チミノ(77)監督 『ディア・ハンター』『天国の門』
・アッバス・キアロスタミ(76)監督 『桜桃の味』『ライク・サムワン・イン・ラブ』
・永六輔(83)タレント、作詞家、随筆家 『大往生』『上を向いて歩こう』
・ヘクトール・バベンコ(70)監督 『蜘蛛女のキス』『黄昏に燃えて』
・ゲイリー・マーシャル(81)監督 『プリティ・ウーマン』『プリティ・プリンセス』
・マーニ・ニクソン(86)歌手、歌声吹き替え 『王様と私』『マイ・フェア・レディ』

【8月】
・デヴィッド・ハドルストン(85)俳優 『ビッグ・リボウスキ』『サンタクロース』
・梅津栄(88)俳優 「必殺仕事人IV」『トイレの花子さん』
・エリック・バーグレン(62)脚本家 『エレファント・マン』『女優フランシス』
・ケニー・ベイカー(81)俳優 『スター・ウォーズ』シリーズ
・山下賢章(72)監督 『ゴジラVSスペースゴジラ』『19 ナインティーン』
・アーサー・ヒラー(92)監督 『ある愛の詩』
・十勝花子(70)女優 「なんたって18歳!」『刹那』
・スティーヴン・ヒル(94)俳優 「LAW & ORDER ロー&オーダー」『目撃者』
・松山善三(91)監督、脚本家 『名もなく貧しく美しく』
・ジーン・ワイルダー(83)俳優、監督 『夢のチョコレート工場』『プロデューサーズ』

【9月】
・ジョン・ポリト(65)俳優 『ビッグ・リボウスキ』「モダン・ファミリー」
・レスリー・H・マーティンソン(101)監督 『バットマン』
・ヒュー・オブライアン(91)俳優 『ブルース・リー/死亡遊戯』
・アレクシス・アークエット(47)女優 『ウェディング・シンガー』
・W・P・キンセラ(81)小説家 『フィールド・オブ・ドリームス』(原作)
・チャーミアン・カー(73)女優 『サウンド・オブ・ミュージック』
・松木ひろし(87)脚本家 「池中玄太80キロ」『ドリフターズですよ! 前進前進また前進』
・カーティス・ハンソン(71)監督 『L.A.コンフィデンシャル』『8 Mile』
・ビル・ナン(62)俳優 『ドゥ・ザ・ライト・シング』『スパイダーマン』シリーズ
・ハーシェル・ゴードン・ルイス(87)監督 『血の祝祭日』『2000人の狂人』
・風見章子(95)女優 『忘れられぬ人々』「ケンちゃん」シリーズ

【10月】
・保田道世(77)色彩設計 『風の谷のナウシカ』『もののけ姫』
・井上竜夫(74)お笑いタレント 『0.5ミリ』
・アンジェイ・ワイダ(90)監督 『地下水道』『灰とダイヤモンド』
・田中一成(49)声優 「ハイキュー!!」「地獄先生ぬ〜べ〜」
・ピエール・エテックス(87)俳優、監督 『幸福な結婚記念日』『ヨーヨー(原題) / Yoyo』
・笹るみ子(76)元女優 『社長三代記』
・肝付兼太(80)声優 「ドラえもん」「おそ松くん」「銀河鉄道999」
・平幹二朗(82)俳優 「三匹の侍」『永遠の0』『十三人の刺客』
・池谷仙克(76)美術監督 『写楽』『台風クラブ』「ウルトラセブン」
・マイケル・マッシー(61)俳優 『クロウ/飛翔伝説』『キャットウーマン』

【11月】
・荒戸源次郎(70)プロデューサー、監督 『ツィゴイネルワイゼン』『赤目四十八瀧心中未遂』
・ラウール・クタール(92)撮影監督 『勝手にしやがれ』『気狂いピエロ』
・ロバート・ヴォーン(83)俳優 『荒野の七人』「0011 ナポレオン・ソロ」
・りりィ(64)歌手、女優 「3年B組金八先生」『パーク アンド ラブホテル』
・アンドリュー・サックス(86)俳優 「フォルティ・タワーズ」『カルテット!人生のオペラハウス』
・フローレンス・ヘンダーソン(82)女優 「ゆかいなブレディ家」『ソング・オブ・ノルウェー』
・デヴィッド・ハミルトン(83)写真家、監督 『ビリティス』
・ヴァン・ウィリアムズ(82)俳優 「グリーン・ホーネット」『ブルース・リーのグリーン・ホーネット』
・アリス・ドラモンド(88)女優 『レナードの朝』『ダウト 〜あるカトリック学校で〜』

【12月】
・マーガレット・ホイットン(67)女優 『ナインハーフ』『メジャーリーグ』
・ピーター・ヴォーン(93)俳優 「ゲーム・オブ・スローンズ」『日の名残り』
・アラン・シック(69)俳優 「愉快なシーバー家」
・バーナード・フォックス(89)俳優 「奥様は魔女」『タイタニック』
・島木譲二(72)お笑い芸人 『ブラック・レイン』
・ザ・ザ・ガボール(99)女優 『赤い風車』『リリー』
・ミシェル・モルガン(96)女優 『霧の波止場』『田園交響楽』
・ジョージ・マイケル(53)歌手 『ジョージ・マイケル 〜素顔の告白〜』
・キャリー・フィッシャー(60)女優 『スター・ウォーズ』シリーズ